2018年04月27日

中居正広の金曜日のスマイルたちへ 20180427

キンロペを観られるということで、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ(2018.04.27)」を観ることに。

おお、社交ダンス「新章」?
「まさかの今後未定」のラストから、遂に再始動ってこと?
まあ、だから今回の放送があったんでしょうけれどもね。

キンタロー。嬢が「夫と深刻な話し合い」?

「世界ランク89位ごとき(暴言)」で7位入賞(日本人最高位)は十二分に偉業だと思ったけれど、それとは別に「あと1チェックで決勝に行けたんだ」はつらいな。
こりゃ完全に「悔しい銀」的な展開だわ。
いわゆる「金は嬉しい、銀は悔しい、銅はホッとする」の「銀」。

「年齢のこと云々」って、ああ! 妊活の方か!
ダンサーとしてのピークの話かと思ってたわ。
そりゃあ旦那さんにも相談するわな。

「話してるってことは……やりたいんでしょ?(by旦那さん)」
――分かってるわあ、旦那さん。
「やったら? やるんだったら応援するから。全力で(by旦那さん)」にグッと来た。


今度の世界選手権の目標は「表彰台に登ります」?
ってことは3位以内? 世界でメダル獲得かあ。
相変わらずバカ高い目標を立てて、自分を追い込む人だなあ。
尊敬しかない。

2018年メダル獲得プロジェクト。
「チーム・キンタロー。」の布陣?
「チーム・キンロペ」ではないんですね。

・総監督=山本英美先生。
1年間「専属」コーチかぁ。
まあね、「世界選手権入賞者をコーチできる」なんてチャンス、そうそうないことを考えれば、社交ダンスのコーチをしている人なら誰だって「やってみたい! 教えてみたい!」って思うよね。
しかも、バラエティーとはいえ結果を(たとえそれがどんな結果であれ)しっかり全国区のしかもゴールデンで放送してくれるテレビ番組がバックについている訳だからね。
自分自身のキャリアアップとか社交ダンスに詳しくない層への宣伝とか、そういう現実的な面でも、ペイは半端ないよね。

・日本代表強化コーチ=治面地良和コーチ。
ナレーションでは「協会側からサポート云々」と紹介されたけれど、正しくは「連盟側から」じゃないのかなあ、気のせい?
結果を出してくれるなら、勿論、誰に対してもJDSF側は手を差し伸べるとは思うんだけれども、
キンロペは「バラエティーとはいえ結果を(たとえそれがどんな結果であれ)しっかり全国区のしかもゴールデンで放送してくれるテレビ番組がバックについている」ペアだからね。
協会としても見返りの半端なく大きい「おいしいペア」なんじゃないかと。

・振付コーチ=現役日本チャンピオン増田塚田ペア。
この辺りがよく分からないんだけれども、この二人は世界選手権には出ないのかな。
国内専門選手なの?

フィジカル面も含めた新コーチ?


メダルを獲るための2018年間スケジュールか。
キン山の頃ならキンタロー。嬢が決めてたやつね。

03月 フィンランドオープン(WDSF)
04月 オーストリアオープン(WDSF)世界3大大会の1つ
05月 全日本シニアI選手権
07月 アジアチャンピオンシップ
08月 ジャーマンオープン(WDSF)世界3大大会の1つ
09月 最終強化合宿
10月 WDSFシニアIラテン世界選手権

世界ランキングを上げるのが目的のスケジューリングか。
いくら「ジャッジは公平に見ている」と言っても、世界ランキングが高い方がやっぱり優位であり得る、訳ね?

世界でメダルを獲るための秘策=「薄さ」をカバー=目立つための武器?
「禁断(ともいえる)の技」=「大蛇のポーズ(ロペスのパワーを生かしたポーズ)」?
へえ、「足が浮いたら減点(ジャッジによっては失格)」だから「禁断の技」か。
両足が少し浮く=「ジャンプ」=セーフ、だけれど、
両足が大きく浮く=「リフト」=競技ダンスでの禁止技、ですか。
「リスクを負わなければ勝てない世界での戦い」か。
国内大会ではそうでなかったってことですかね。

紳士的なミッコ(リーダー)と良い勝負、できたらいいですね。

ちなみにキンロペの今の世界ランキングは46位らしい。
前が89位だから、一気に上がったなあ。


キンロペの今後のスケジュール
03月 フィンランドオープン(WDSF)
→準優勝でランキングが30位? その程度のレベルの大会ってこと?
04月 オーストリアオープン(WDSF)
→世界3大大会の1つ? 成績を出すと20位くらい? 「成績を出す」なんて曖昧な言い方だけれど、そこそこの成績でも20位くらいになれるってことか。
05月 全日本シニアI選手権
→狙うは「日本チャンピオン」という肩書きらしい。すべてはダンスフロアでの格を上げるため。
07月 アジアチャンピオンシップ
→狙うは「アジアチャンピオン」という肩書きですか。これもダンスフロアでの格を上げるためかな。
08月 ジャーマンオープン(WDSF)
→世界3大大会の1つ(2つ目)。好成績を収めて、何とかランキング10位以内を手に入れたい。
10月 世界選手権(本番)。

タイトだなあ!
今回の放送日は4月27日ということで、「 フィンランドオープン」合わせの放送だったのかな。


03月(第1週) フィンランドオープン(WDSF)
おお! わざわざ挨拶に来てくれたの、ミッコ選手(大会の実行委員長で出演者!)。
さすがジェントルマン。
ってロペスの身長、168p!? ちっちゃ!
キンタロー。嬢もかなり小さいから、ペアとしてのバランス的には悪くないんでしょうけれども、ちっちゃいなあ。

大会当日、まずは予選。
「実はこの中にとんでもない選手が潜んでいた(byナレーション)」?
ジャッジに一番近い位置でのダンスを選択したキンロペ。
――おお! キンロペ、サンバは予選で満点ですか!

ん? 「世界ランキング91位のゲオルギーペア」?
世界選手権の優勝候補!?
ロシアの新星かあ。

キンロペはチャチャチャでも満点。

ああ、件の「大蛇のポーズ」はルンバで披露するの。
ここで失格となって終わる展開もある訳ですね?
ん? 一瞬が浮いた? かろうじてジャンプに見える範囲に収まった?
――おお! さらにルンバ、パソドブレと4種目連続満点!

ラストはジャイブ。
ん? キンタロー。の体型(小ささ)を生かした技?
「体の大きな海外勢が真似できない技」?
良いね、良いね、本気で必殺技じゃん!
「キンタロー スライド」?
飛距離を出せるかどうかがポイント?
そのためには恐怖心の克服と、本番での広いスペースの確保がポイントか。
――で、英美先生の許へ。
やっぱりお互いの信頼関係か、信じて脱力できるか、ね。
おお、克服したじゃん! 本番でもバッチリ決まったじゃん!

終わってみれば、全種目満点(1位)で予選通過!


決勝。
第1種目のサンバ。
綺麗なバズーカーVS力強いバズーカー。
予選1位を考えるとうん、2位は悔しいね。

お次はチャチャチャ。
またも2位かー。
これはもしかして、終わってみても2位かなあ。
あ、それなら目標達成か。

大技が結果を左右するルンバ。
キンロペもゲオルギーも足の浮きが気になった感じ?
――あら! 3位ですか〜!
これってやっぱり、減点があったってこと?
3位のミッコペアと1ポイント差かー。

パソドブレ。
体力勝負になってくる中、スピードとキレで勝負するキンロペ。
うわ、ゲオルギーがこの時点で優勝確定っすか。
キンロペは3位止まり。
ここでミッコペアに並ばれたか〜。

ラストはジャイブ。
事実上、ミッコペアとの一騎打ち。
「疲れている最後のジャイブで大技は評価が高い」?
フィギュアで「後半のジャンプは基礎点1.1倍」みたいなもの?
結果は2位。

――おお! 逆1点差で今回は勝利!
目標の準優勝ですよ!

うはっ、英語ペラペラやん、キンタロー。嬢。


世界ランキングは目標通りの30位へ。
「04月 オーストリアオープン(WDSF)」は次回?
安住アナが仕切りで嬉しかったけれど、キン山の絡み、見たかったなあ。


posted by Yuki at 23:59 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年03月04日

おっと!今日はびわ湖毎日マラソンの日じゃない?

これは観ねば。

びわ湖毎日マラソン大会
http://www.lakebiwa-marathon.com/
おお! 「びわ湖毎日マラソン」でありつつ「ジャカルタ2018アジア競技大会日本代表選手選考競技会」でもありつつ「マラソングランドチャンピオンシップシリーズ2017-2018〜東京2020オリンピック日本代表選手選考競技会」でもある訳ですか。
いそがしいな。

NHK びわ湖毎日マラソン
http://www.nhk.or.jp/rr/biwako/#/

エントリー情報|NHK びわ湖毎日マラソン
http://www.nhk.or.jp/rr/biwako/#/entry/171805/entry-information
設楽啓太に今井正人に村山謙太に窪田忍?
楽しみじゃないか。
posted by Yuki at 07:34 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年02月27日

【東京マラソン】設楽悠太の恩師、東洋大・酒井俊幸監督「その1秒をけずりだせの走り」 20180226

設楽悠太、日本記録更新から2日、かな、やっぱり「恩師」酒井監督の談話が出ましたね!
しかも同時にMGCを獲得した山本憲二についても勿論触れてくれているというね。
二人とも嬉しかったろうなあ。

何より、大学駅伝界は相変わらず青学一色のようですけれど、「箱根から世界へ」を最も体現しているのは東洋と言っても過言ではないんじゃないでしょうか。
今回無事、MGCを獲得した設楽悠太&山本憲二は元より、設楽啓太&服部勇馬にもMGC獲得してもらいたいなあ。
マラソンの3つしかない代表枠をすべて東洋が占めてしまうような時代が来ますように。

【東京マラソン】設楽悠太の恩師、東洋大・酒井俊幸監督「その1秒をけずりだせの走り」
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20180226-OHT1T50052.html
2018年2月26日9時0分 スポーツ報知

 東洋大のチームスローガン「その1秒をけずりだせ」の走りで、日本記録を5秒けずってくれた。32キロ地点の沿道で応援した時、体の軸がブレてきつそうだったが、39キロ地点で見た時は懸命に体を動かしていた。見事でした。ただ、ここがゴールではない。本当の勝負は20年東京五輪。そのためにはMGCを勝ち上がらなければいけない。おごらずに競技に取り組んでほしい。

 今回、悠太の2年先輩の山本憲二もMGCの出場権を獲得したし、兄の啓太もベストを尽くせばMGCに出られるでしょう。卒業生の頑張りに期待しています。昨年9月には桐生祥秀(4年)が日本で初めて100メートルで9秒台に突入しました。今回は悠太がマラソンで16年ぶりの日本記録を更新。東洋大陸上部の後輩にとって励みになります。(談)

ところで「32キロ地点の沿道で応援→39キロ地点で見た」ってどういう状態??
ちなみに地図に拠ると、
32キロ地点は「UCCコーヒーアカデミー東京校」前辺り、
39キロ地点は「旧芝区役所跡地」前辺りらしい。

――あ、そうか、35キロ過ぎが折り返し地点(35.7キロ)だから、
32キロ地点と39キロ地点って実は数百メートルとかしか離れていないのか。
32キロ地点の沿道で設楽悠太&山本憲二を応援しながら移動して32.5キロ付近(折り返しから見ると実は39キロ地点)の対岸から二人の走るさまを「見た」とか、
32キロ地点で応援後すぐに対岸に渡ってまた応援した(それじゃあ39キロ地点で「見た」は表現的に微妙か?)とか、
そんな感じなんだろうな。

ちなみに今見直してみたら「32キロ地点」って、「設楽悠太(7位)が独り遅れてる、踏ん張りどころ」って解説されているうちに、山本憲二に映像が移っちゃった辺りでした。
そして39キロ地点の方は、井上を抜いて、さらに先を狙おうというところか。
posted by Yuki at 00:03 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月02日

第94回東京箱根間往復大学駅伝競走【往路】

東京箱根間往復大学駅伝競走、略して箱根駅伝。
東京横浜は京浜、東京千葉は京葉と略すけれど、京箱とは略さない箱根駅伝。

今年も「箱根駅伝 絆の物語」を観つつ、スタートを待つことに。
湊谷(東海)の師弟感とか、工藤(駒沢)の恩師愛とか、西山寮長(山梨)の懐の大きさとかに、じんとしてみたり。
西山寮長(山梨)の人間の大きさは、幻の区間賞の伊藤一行キャプテン(城西)に通ずるものがあると思うなァ。
「棄権という結果になりましたけど、それは、走った選手がほんとに勝ちたいという気持ちが強かったためにこういう風になったんで、その選手をたたえてやりたいなと思います(by伊藤)」

1年キャプテンを矢面に立たせて空気を凍らせていた中央の復活にほっこり。
後はうん、鈴木健吾(神大)はぶっちゃけ応援したい。
上田監督(山梨)の「2日間、こんな走りしかさせてやれなかった監督だ! 申し訳ない!」は初めて聞いた時ホントびっくりして泣きそうになったなあ。


今回は、ええと、1年生中心で行くんでしたね。
それがうまくハマってくれたら、そこ2、3年くらいは強豪でいられそうな気がする。

ふたを開けてみれば、母校勢はリンゴほっぺの西山(1区)の快走にびっくり!
おっと、山本弟々(だって3男だもん)がエースかー。
――うん、遂に結果出しましたね。
山本兄(長男)とか山本弟(次男)とかが応援に来ているかしらん? と思ったけれど、紹介はされなかったので実際のところはどうだったんでしょうね? これが服部兄弟だったら、服部兄とか絶対に見に来てそうだけれど(偏見)、その辺はもっとドライなのかな(男兄弟のことは分かりません)。

足が痙攣しながら攣りながらそれでも箱根路を走るランナーの精神力ときたらもうね。
とりあえず今回の往路で山の神が量産されたような気がします。
量産型山の神?

後はたすき渡しで接触して両者転倒した国学院が気になるかなあ。
怪我とかなければ良いけれども。

ところで明日の復路、36秒の貯金はどのくらいで使い切るんでしょうね。


毎度のことながら、
SAPPOROの箱根駅伝用オリジナル素敵CMに心躍らせておりました。
http://www.sapporobeer.jp/hakone/cm/index.html

ちなみに「みんな、がんばれ(理由)」篇は、実在のチームをもじった感じ?
「緑山学園大学/緑学大(=青山学院大学/青学大?)」とか、
「千葉中央大学/千中大(=どこ?)」とか、
「神奈川文化大学/神文大(=どこ? 神大? 大東?)」とか、
「東江大学/東江大(=東洋大学/東洋大?)とか。

サッポロビール箱根駅伝応援サイト
http://www.sapporobeer.jp/hakone/?utm_source=ntv&utm_campaign=17HKN1&utm_medium=display&utm_content=pc
posted by Yuki at 15:41 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月01日

第62回 ヤマザキ新春スポーツスペシャル ニューイヤー駅伝

第62回 ヤマザキ新春スポーツスペシャル ニューイヤー駅伝。

母校勢のエントリー&結果は、
◆1区(12.3km)
02位(区間02位) 服部弾馬(トーエネック)
→1位と0.01秒差! 区間賞獲ってほしかった…!
21位(区間21位) 田口雅也(Honda)
→1位の住友電工とは30秒差! 優勝候補の旭化成やトヨタ自動車となら約20秒差! 耐えた!
それにしてもたすき渡しの時、なんで2番手のマレルはあんな端っこにいたんだろう…。

◆2区(8.3km)
なし。

◆3区(13.6km)
17→09位(区間07位) 大津顕杜(トヨタ自動車九州)
→前とは7秒差でもらって8人抜き!
24→24位(区間16位) 延藤 潤(マツダ)
→順位維持!
33→29位(区間21位) 上村 和生(大塚製薬)
→前とは6秒差でもらって4人抜き!

◆4区(22.4km)
12→02位(区間01位) 設楽悠太(Honda)
→前とはタイム差なし&1位とは1分37秒差でもらって10人抜き&区間賞!
くはーっ、力走半端ねえ! 完全に雪辱を果たしましたね!
それにしても大六野(旭化成)とタイム差なしのゴールだったのに、カメラはそのまま走り終えた悠太(Honda)について行っちゃう不思議。大六野(旭化成)も映してあげようよ。
17→13位(区間09位) 高橋 尚弥(安川電機)
→前とは1秒差でもらって4人抜き!
24→16位(区間10位) 山本憲二(マツダ)
→前とは1秒差でもらって8人抜き!
15→18位(区間19位) 寺内將人(愛知製鋼)
→3人抜かれ…。
08→21位(区間30位) 日下佳祐(日立物流)
→13人抜かれ…。
32→24位(区間16位) 久 龍(ヤクルト)
→前とは6秒差でもらって8人抜き!
最後の最後、もう1人、抜きましたねえ…! 大写しになって「おおっ!」と思いました。

◆5区(15.8km)
07→06位(区間10位) 定方俊樹(MHPS)
→前とは11秒差でもらって1人抜き!
32→30位(区間07位) 口町 亮(SUBARU)
→前とは49秒差でもらって2人抜き!(しかも29位とはタイム差なし)
たすき渡された時の「頼んだぞ口町ィ!」にぐっと来た。
30→31位(区間23位) 末上哲平(YKK)
→1人抜かれ…。

◆6区(12.1km)
母校勢は関係ないけれど、たすき渡しの時に村山兄(旭化成)が「行けよ!」って叫びながら、市田弟(旭化成。同級生。何なら早生まれだからちょっと年上)の背中をぐっと押しやるとこが好き。
走り終えた山中(Honda/日体大)が村山兄(旭化成/駒澤大)に「早いっすよォ〜」って絡みながらスキンシップするとこも好き。
02→02位(区間04位) 石川末廣(Honda)
→順位維持。
12→09位(区間02位) 山本浩之(コニカミノルタ)
→前とは34秒差でもらって3人抜き!
08→10位(区間25位) 淀川弦太(愛三工業)
→2人抜かれ…。
20→20位(区間16位) 市川孝徳(日立物流)
→順位維持。
23→25位(区間29位) 橋本 澪(マツダ)
→2人抜かれ…。
28→32位(区間34位) 湯田晟旭(トーエネック)
→4人抜かれ…。

◆7区(15.5km)
意識が朦朧としていたのか、海老澤(YKK)と競っていた秦(大塚製薬)が、必死に樋本(YKK)にたすき渡そうとしているのがちょっとだけ面白かったり。まあどっちもランニングが青でしたけどね、確かに。
20→21位(区間16位) 設楽啓太(日立物流)
→1人抜かれ…。
25→28位(区間30位) 富永 光(マツダ)
→3人抜かれ…。

◆今回はお休み(五十音順)。
大西一輝(カネボウ)
鴛海 辰矢(西鉄)
川上遼平(カネボウ)
北島 寿典(安川電機)
櫻岡 駿(NTN)
名倉啓太(マツダ)
長谷川 直輝(セキノ興産)
服部勇馬(トヨタ自動車)
若松儀裕(日清食品グループ)
渡邊 一磨(安川電機)

ひらまつ病院、ホントよく頑張った!
posted by Yuki at 19:25 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。