2017年06月23日

「お察しください」という言葉の持つ威力と悲しみ。

「まあちょっと、あの、今日ボクも、スタジオ入って、スタッフさんからすぐこの一報聞いて、――ねえ、こういう番組ですから? どうしましょう、どうしますか。番組、に、とったら、ねえ? 扱った方が良いのかもしれないんですけど、色々お話さしていただいた結果、まあ、海老蔵さんが、――え? 今、舞台やってんでしょ? ――そいでその後、会見すんでしょ? ――で、お察しくださいって言ってんだから、ちょっと、そ、そうさせていただきたいというか、ね? 予定通りちょっと、進めさせていただいて良いすかね。すんません」

しーちゃんのこういうとこ、良いなって思うわ。


posted by Yuki at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月02日

「キスマイクマモトオオイタ」?

キスマイさんがJR九州&熊本県&大分県とコラボレーションするらしい。
去年の「KISS MY NAGASAKI」の続編というか、好評につきロングラン的な感じ?
その昔、新幹線のキャンペーンで、「熊本VS鹿児島」みたいなことやってたような気がするけれど、それのキスマイ版ってこと?
じゃあ、「あなたはどっち派? なお、ご移動はJR九州で」って感じになるのかな。

だとしたら横尾さんは大分担当で、「うみたまご」でロケとか?
ああ、天草かどっかで「イルカ・ウォッチング」もできるな、確か。
さすがに直球過ぎるかしらん。
――あ、もう詳細も出てるんですね。

JR 九州 熊本大分キャンペーン GO!GO!!キスマイクマモトオオイタ 開催!
https://www.jrkyushu.co.jp/news/pdf/170602kissmykumamotooita.pdf


【GO!GO!!キスマイクマモトオオイタ 7 つの魅力】

北山氏ヴァージョン。
「熊本〔くまもと〕 ソウルフードめぐり(熊本市内各地/同行&撮影:千賀くん)」

横尾さんヴァージョン。
「天草〔あまくさ〕 イルカウォッチング(天草/同行&撮影:北山氏)」

藤ヶ谷さんヴァージョン。
「阿蘇〔あそ〕 乗馬体験(阿蘇/同行&撮影:宮田くん)」

宮田くんヴァージョン。
「日田〔ひた〕 タイムスリップ通り(日田市豆田町/同行・撮影:藤ヶ谷さん)」

玉森さんヴァージョン。
「由布院〔ゆふいん〕 湯の町さんぽ(由布院/同行&撮影:二階堂くん)」

二階堂くんヴァージョン。
「別府〔べっぷ〕 温泉天国(別府市/同行&撮影:玉森さん)」

千賀くんヴァージョン。
「人吉 清流川下り(人吉/同行&撮影:横尾さん)」


さらに。
駅ではキスマイさんによるオリジナルウェルカムアナウンスを放送ですか。
対象駅は「熊本・人吉・三角・阿蘇・日田・別府・由布院」?
だとしたら旅行先に因んで、「熊本=北山氏、人吉=千賀くん、三角=横尾さん、阿蘇=藤ヶ谷さん、日田=宮田くん、別府=二階堂くん、由布院=玉森さん」かな?


んー、
旅人と撮影者の組み合わせから考えて、「横尾さん&千賀くん&北山氏」の熊本組がトリデンテのグループ旅行、「宮田くん&藤ヶ谷さん」の2県を股にかける組と「玉森さん&二階堂くん」の大分組がお互いを撮りっこって感じ?
で、キャンペーンCMソングはキスマイさんの新曲にあたる「FUTURE TRAIN」ですか。
ほうほう。
じゃあ初回特典でCMのメイキングが紹介されたりする感じ?

ところで千賀くん、急流下り大丈夫だったのかな。
posted by Yuki at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月03日

蔦谷好位置×いしわたり淳治?

関ジャムで知った蔦谷好位置氏といしわたり淳治氏がタッグを組んで、「音楽がテーマとなる」長編アニメーション映画の日本語吹き替え版を共同制作する模様。

ってことは、いしわたり氏監修の日本語歌詞に蔦谷氏プロデュースの音楽が乗るわけ?
やだー、Yuki得すぎる。


基本的に映画は観ないYukiなので、
本編は見ないと思いますが、
曲だけでも聴いてみたいな。

ちなみに『SING/シング』という映画らしい。
――あれ? ミュージカルアニメ?
あら、じゃあ本編観ないと意味ないじゃん。

っていうか作中歌の吹き替え許可が出たのは日本だけ?
よっぽどタイミングが良かったのかな、ラッキーですね。
posted by Yuki at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月20日

「舞祭組・横尾渉、初「道しるべ」ソロパート披露にファン歓喜 トレンド入りの盛り上がり」…らしい。




夜行バスの時間が迫っていて、そろそろ巣穴を出ねばと思いながら、こんな素敵記事を見つけてしまった。
Mステ出演の様子を記事にしていただいた模様。

良かったですね、横尾さん。
posted by Yuki at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月09日

「KISS MY NAGASAKI」!

9月7日の午後2時から九州旅客鉄道株式会社(=JR九州)の本社(博多駅前ビジネスセンタービル)で行なわれたという「長崎キャンペーン(=新しい7つの長崎へ KISS MY NAGASAKI)」についての記者会見(そういうキャンペーンを行ないます、イメージキャラクターにはキスマイさんを起用します、っていう記者発表、ってことかな)に、キスマイさんを代表して、横尾さんご夫妻(藤ヶ谷さんは旦那さんだそうなので)と二階堂くんがご出席ですか。

ちらりと見たニュース映像では、「Kis-My-Ft2の皆さん、どうぞ!」という紹介のもと、先頭を歩く旦那さんに続いて登場した横尾さん。
特設のステージに上がる前に、一旦足を止めて、記者の皆さんの方を向いて一礼したのが印象的でした。

そして登場順に並ぶんじゃなくて、旦那さんの後ろを通って左端に立った横尾さん。
それで旦那さんは先頭で登場してセンターに立ったことに。
何だろうこの、夫を立てる良妻感。

「Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔です。しっかりあの、長崎をPRできるよう頑張りますので、よろしくお願い致します」
「横尾渉です。よろしくお願いします」
旦那さんがフルで自己紹介&挨拶したのに対し、自分も長々と挨拶するんじゃなくて、「妻の渉です」的添え物のような挨拶で済ませる横尾さん。
何だろうこの、夫を立てる良妻感。
お辞儀が終わってから、えくぼが両頬にくっきりできるほど「にこーっ」と笑うのもかわいいな。

そんな二人の雰囲気(?)に、「ちょっと堅い」と言い出した二階堂くん。
それに対して「堅いですよね? あなたが和ませないとやはり」と返したのは司会の方かな?
「(JR九州の)青柳会長がちょっと堅い」?
「ダメダメやめて下さいよ、ホントに(笑)」
とか言いつつむしろ喜んでましたよね。司会の方。

そんな二階堂くんのご挨拶は、
「JR九州のマスコットキャラクター二階堂高嗣です、よろしくお願いします」
多少笑いは起きたものの、普通に拍手されちゃって困った顔して笑ったのにニヤリ。
うん、きっと「間違って覚えてる」か「勘違いしてる」って思われたんだと思いますよ。


フロントメンバーである旦那さんメインのニュース、旦那さんメインの編集になるのかな、と思いきや。
「僕はあのー、父親の方の、実家の方があのー、長崎なので、あと、高校のー修学旅行も長崎とかだったので、スゴい僕は、Kis-My-Ft2の中で一番、(長崎について)詳しいんじゃないかと思います(by横尾)」
親が九州出身、それも長崎出身なんて話になった日には、完全にその人メインになるに決まっているじゃないですか。
「そんな中、マスコットキャラクターと言い切った二階堂さん(by司会の方)」
「んー。僕は初めて…(by二階堂)」
あらららら、そうなんですか。
「それからあのー、あれですよね、このお仕事もらっ、聞いた時、ホントに、すごく感謝しましたし嬉しかったですし、なんか父親になんか、親孝行、ではないですけども、できたんじゃないかなーっと思いますね(by横尾)」
「素晴らしいですね、コメントがね(by藤ヶ谷)」
横尾さんが話す時、必ず横尾さんの顔をじーっと見つめる旦那さん、いい人だな。
「コメントが素晴らしいです(by二階堂)」
「マスコットキャラクターが完璧にもう、負けてますけど。大丈夫ですか(by藤ヶ谷)」


それでもやっぱり、取り上げられるのはフロントメンバーである旦那さんの旅行先で。
「僕と横尾はね、あの、軍艦島に行かせていただきまして。あの、世界遺産の(by藤ヶ谷)」
「めちゃ楽しそうだったよ(by二階堂)」
「あの、圧倒される雰囲気とね、ホントにあの、感動しまして(by藤ヶ谷)」
「あの、正直あの、CM撮影とかお仕事で来た感はなかったですよね。もうプライベートで来た感で(by横尾)」
「やっぱそっちの方が強かったですねえ(by藤ヶ谷)」
旦那さんの旅行先ということになってはいますけれども、実際には「二人旅」って感じだったのかな? 二人で見つめあいながら、楽しそうに話しますねえ。
――この瞬間の二階堂くん、そもそも映ってもいなかったけれど、ボッチな感じ?
「写真とかでこう見たことはありましたけど、実際自分の目で見るとこんなに、感動するんだという(by藤ヶ谷)」
「ホントに感動している表情でしたよね(by司会の方?)」
「感動しましたねえ。だからホント、ねえ、僕らがホント心からもう、おすすめしたい、スポットですね(by藤ヶ谷)」
「ハイ(by横尾)」

最終的に二階堂くんの旅の感想は、別立てでちゃんと紹介されていましたね、良かった良かった。
まあ、「軍艦島=横尾さんご夫妻の旅行先」ってな扱いで、波佐見焼には一切触れられなかった(編集で切られただけ?)のは残念でしたが。

そんなこんなで紹介されたCMは7人全員分の映像がザッピングされた感じ、でしょうか?
CM解禁が楽しみですね。


ちなみに地元である長崎新聞(2016.09.08)にはどうやら、
「父親が本県出身という横尾渉さん(30)は、「小さいころに見た長崎の景色と大人になって見る景色は違う」と話し、「この機会に若い人たちに長崎に来てほしい」と呼び掛けた。」
と紹介されたようで、これが全国区の新聞なら、きっとフロントメンバーの旦那さん発言の方を紹介されたんでしょうけれど、地元密着命のローカル紙だから、「父親が本県出身」というビックネーム(笑)によって、横尾さんの発言が選ばれたんだろうな、とほっこりしました。
――うん、田舎あるあるです。


目標は例年より観光客1割増?
ほう、6万人ですか。
いわゆる「コスパ」としてそれはどうなんでしょうね?
1割行ってくれれば及第点なのかな。
posted by Yuki at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。