2018年08月25日

最強王者集結! THEカラオケ★バトルコンサート

「最強王者集結! THEカラオケ★バトルコンサート(2018.08.25 OA)」を観ることに。
地上波初放送らしい。
そういえば観たことないな。

セトリは以下の通り。
01.いつもそばに歌がある(K★B3姉妹)
02.たいせつなひと(シネマ・ヴァージョン)(海蔵亮太)
03.海の声(海蔵亮太)
04.流星群(四天王)
05.薔薇は美しく散る(翠千賀)
06.蘇州夜曲(翠千賀)
07.White Love(四天王)
08.コンサート特別企画 K★Bデュエットバトル(最強プロvsU-18四天王)
08-1.ふたりの大阪(四天王)
08-2.運命のヒト(翠千賀&宮本美季)
08-3.打上花火(四天王)
08-4.さよなら大好きな人(RiRiKA&城南海)
09.Wonder Voice(K★Bオールスターズ)
10.渡良瀬橋(RiRiKA)
11.見えないスタート(RiRiKA)
12.シルエット・ロマンス(四天王)
13.月のしずく(城南海)
14.友達の詩(城南海)
15.GET ALONG TOGETHER(四天王)
16.歌うたいのバラッド(宮本美季)
17.OPEN ARMS(宮本美季)
18.Over and Over 〜夢は終わらない


1.いつもそばに歌がある(K★B3姉妹)
RiRiKA女史&翠女史&城嬢で3姉妹か。
宮本女史は入れないのね?
初期の3人って感じかな。


2.たいせつなひと(シネマ・ヴァージョン)(海蔵亮太)
さだまさしで聴きなれてると、ちと物足りないような。
声の艶というか、なんか、足りない。
自分のカラーが足りないかな、お上手ではあるんだけれども。

3.海の声(海蔵亮太)
おお、こっちは持ち歌で良いじゃんって感じだわ。
聞き手の曲への思い入れの差か?


5.薔薇は美しく散る(翠千賀)
ドレスがまさに薔薇。
咲き誇る翠女史?
まあ、翠女史は散らないでしょうけどね。

6.蘇州夜曲(翠千賀)
さあや嬢の時とはさすがに迫力が違うなあ。
たまにはがっつりオペラも歌ってほしいような。


8-2.運命のヒト(翠千賀&宮本美季)
おおおおお! 初デュエットですか!
初めて聴く曲だけれど、聴く前から最強感ハンパないな!
宮本女史に合わせたのか、オペラ感薄めの翠女史。
これはこれで新鮮な感じ?
ただハモリがなかったのが、淋しかったなあ。

8-4.さよなら大好きな人(RiRiKA&城南海)
おお、がっつりハモってる?
十分良かったけれど、もっとこう、
ずっと度の幅キープのハモじゃなくて、上行ったり下行ったりとか、色々入れ替わったりとか、ワチャワチャしてほしかったなあ。


9.Wonder Voice(K★Bオールスターズ)
こう聴くとRiRiKA女史と宮本女史のデュエットが聴きたいな。
勿論、がつがつハモるヤツ。


10.渡良瀬橋(RiRiKA)
エモーショナルに歌う歌が好きなんだろうな、RiRiKA女史は。
選曲がそんな感じだもん。
ただの言葉遊びとか、歌詞に意味がないような歌は歌わなそう。
宝塚のナンバーを歌ってくれたりしないのか知らん。

トークでガン泣きのRiRiKA女史。
TOP7陥落のネタだったせいかな。
もらい泣きはしませんけれどもね。

11.見えないスタート(RiRiKA)
ええとこれ、「悲愴」に歌詞をつけてアレンジしたヤツだよね。
歌い上げるRiRiKA女史、カッケーな!
力入れなくても声が会場の隅々まで広がっていく感じ、って言えば良いのかな。


12.シルエット・ロマンス(四天王)
なんか、「どすこい」って感じ。
特に張った声が野太い。
曲の世界感というか曲調というか、そんな感じのと、ちぐはぐじゃない?


13.月のしずく(城南海)
知らない曲かと思ったら、サビに入ったら知ってる曲だった。
これにグインが入ったらどんな感じだったんだろう。
そっちが聴きたかったな。
今回のヴァージョンでも入ってたのかも知れないですけれども。

あらららら、喉を壊してたの?
じゃあ、グインを封印せざるを得ない状況なのかもしれないですね。
熱唱しちゃって大丈夫か知らん。

14.友達の詩(城南海)
2曲ともそうなんだけれども、自己陶酔した感じでクネクネしながら歌うのがなんか、面白い。
その面白さのせいで、曲が頭に入ってこない(なんてこった)。


16.歌うたいのバラッド(宮本美季)
おお、アレンジを変えてくると、宮本女史の凄さが分かる感じ。
普通に持ち歌、普通にジャズナンバーって感じだもんな。

難しい曲に挑戦していくという宮本女史。
そういう姿勢、めちゃ応援したくなるわ。

17.OPEN ARMS(宮本美季)
知らない曲かと思ったら、サビに入ったら知ってる曲だった。
洋学にもジャンジャン、チャレンジしていってほしいな。
海外の大学出ているってことは、英語話せるってことだもんね。


締めの挨拶は春の王者、宮本女史より。


18.Over and Over 〜夢は終わらない
知らない曲かと思ったら、サビに入ったら知ってる曲だった。
おお! 翠女史、『夜の女王のアリア』ばりのコロラトゥーラ!
大好きだわ、こういうの。
――りりこ嬢にも出てほしかったなあ。


とりあえず、四天王が4人並ぶと、縮尺がおかしいってことが分かりました。


posted by Yuki at 23:59 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。