2018年08月29日

歌の異種格闘技戦25。

りりこ嬢(93期)は出ない、THEカラオケ★バトル「歌の異種格闘技戦(2018.08.29 OA)」。
「歌の異種格闘技戦」としては第25回になるんじゃないかな?
オペラ魔女・翠女史が出るし、早回し&早送りで見たいところだけ見ることに。

――ん? 新ルール?
「1960年〜2010年のランキングベスト20から選曲」?
じゃあ、少し古めの有名な曲しか歌えないっていう縛りなの?
お茶の間に配慮したのかな。
――うわ、つまらん。
演歌勢とか大丈夫なのかな。
とりあえず今回だけらしいから、様子見する感じ?
おっと、さらにTOP7は「年代はくじ引き&ランキングTOP5まで」縛り?
どうなのかな、どうなんだろう。

しかも「実力勝負のサバイバル・バトル」?
今回もブロック制じゃないの?
そこはうん、良かったかも。
死のブロックと楽なブロックが如実だった回があったもんね。

以下の順に登場するらしい。
01.ゴスペル
02.ダンス&ボーカル
03.昭和歌謡
04.アニソン
05.オペラ
06.ボーカルユニット
07.宝塚
08.アニソン
09.ミュージカル
10.演歌
11.ジャズ
――アニソンが二人で良いなら、宝塚は?


今回のゲストは…え?
マミさん(71期)もアヒさん(82期)も出ないの!?
またこのパターン!?
今回は元花組娘役だって出るのに…。
がっくり…。

ただ、白地に大振りの赤椿柄の浴衣姿の可奈ちゃんカワユス。
簪も揃いの赤椿で、メチャメチャ可愛い!


01.ゴスペル
ああ、ルーキーズカップに出てた人か。
2004年の3位、「Jupiter」をチョイス。
悪くないと思ったけれど、意外に点数、伸びなかったなあ。
何が悪かったんだろう。


02.ダンス&ボーカル
1985年の13位、「翼の折れたエンジェル」をチョイス。
自分の声質似合う曲を選んできたなという感じ。


03.昭和歌謡
へえ、昭和歌謡コーラスの人ですか。
1960年代の歌をコンサートで歌うの?
1963年の1位、「高校三年生」をチョイス。
さすがに歌い慣れてるなあって感じ。
当時の音楽部の歌い方か〜。
それはド真ん中の人は懐かしくてキュンキュンするだろうな。


04.アニソン
1978年の20位、「かもめが翔んだ日」をチョイス。
入りが弱いかなと思ったけれど、高いファルセットのところが苦しいだけかな。


05.オペラ
遂に来ましたオペラ魔女!
いやっふー!
ハンデの詳細を知らされたオペラ魔女。
「マジで? 基本的に翠サンは。オペラ歌手だってことを忘れてません? 皆さん(by翠)」
基本、スローテンポで歌い上げるオペラ歌手に、速い曲を歌えって?
「え? モー娘。とか当たっちゃったらアタシどうすんの? 『wow wow wow wow』とかやるの?(by翠)」
「お願いします(byスタッフ)」
「ええ?(by翠)」
のやり取りにニヤリ。

「やってやろうじゃないの。うん、行こう!(by翠)」って、姐さんカッケーなあ!
1993年の1位、「YAH YAH YAH」をチョイス。
せめて「ロード」辺りがマシなんじゃないかなあと思ったんだけれども、敢えてアップテンポで行ったってこと?
うわっ、楽しみすぎて滾るわあ!
――完全に持ち歌じゃん。
よくここまで仕上げたなあ、そりゃあ、可奈ちゃんも泣くわ。
「エンターテイナーとして物凄くこう、尊敬する方だなって(by可奈ちゃん)」
「今日なんか見てください、魔女感一切ないですよ?(by可奈ちゃん)」
「今日はもう、妖精!(by可奈ちゃん)」

さらには、
「初めて聴きました。あの高音で、『今からそいつを殴りに行こうか』と。聴いたことないですよ。聴いたことないですよ。ギャップが(byカミナリたくみくん)」
にニヤリ。

小数点以下の「.335」が出た時点で渋い声が出た翠姐さん。
「99.335」と分かった時点でちょっとだけ笑顔が出ましたね。
結果を受けて回りながらゆらゆら踊る可奈ちゃんカワユス。
表現力98点!?
さすがー!

翠姐さんの得点に対して、笑顔の拍手での「なんか、ひとつ、プライドを守った、って感じしますよね(by宮本)」にほっこり。


06.ボーカルユニット
2001年の12位、「Everything」をチョイス。
姐さんの後だと安パイ感が半端ないなあ。
椅子にも座れず敗退かあ。


07.宝塚
さあや嬢(87期)キター!
1961年の「上を向いて歩こう」をチョイス(ランキングないの、なんで?)。
ここは「ラストダンスは私に」に行ってみてほしかったなあ、ぶっちゃけ。
気持ち良さそうに歌うなあ。
見守る同期のお二人は、胃が痛そうだけれども。
前回2位の反響を訊かれたのに、「トークがヤバイよってあの、同期が…(by初姫)」にニヤリ。
――え? 何だこの点数?
は? 抑揚67!? アイタタタタ。
椅子にも座れず敗退かあ。


08.アニソン
1994年の10位、「世界が終るまでは…」をチョイス。
パワフルなのは良いけれど、抑揚大丈夫かな。
「2人でワンツーフィニッシュで、アニソンでっていうのも。ハイ(by亜咲花)」
「ワンは私です(by翠)」
「ハイ。――ツースリーで…(by亜咲花)」
のやり取りにニヤリ。
抑揚77かー、なかなかなのかな。


09.ミュージカル
年代の古いスローテンポな曲が得意らしい。
翠姐さんと一緒だな。
でも往生際が悪くてウルサイな。
結局、2008年の2位、「One Love」をチョイス。
――そんな気はした。
実に意外性のない選択だなあと。
この時点で1位になった人は自動的に決勝進出らしい。
翠姐さん、抜ーかーれーたー!
ぐはあ。


10.演歌
1979年の5位、「北国の春」をチョイス。
演歌の曲があって良かったですね。
――ん? 今、翠姐さんが暫定1位って出たけど、2位だよね?
おっと、ここで翠姐さんの決勝進出決定! いやっふー!


11.ジャズ
ハンデを説明されて一言。
「そうやって決められたものの方が、できる。かも(by宮本)」
泣き言一切ナシ。カッケーな!
「1991年」を引いて大喜び。
――じゃあ、攻めの姿勢が運を呼び込んだのかな。
1991の3位、「愛は勝つ」をチョイス。
他に比べると、意外な選曲じゃない?
「SAY YES」か「はじまりはいつも雨」で行くかと思いきや、ポップに行ったの? って。
ここでも敢えて行った感じ?

慣れない曲とラスボス扱いに緊張したらしい。
ハンデをものともせず決勝進出してほしいなって思ったら、ホントにしたー!


決勝。
決勝の曲の決め方も同じルールですか。

トップバッターはオペラ魔女・翠姐さん。
1976年の3位、「北の宿から」をチョイス。
まさかの演歌!?
そうだよね? 初挑戦だよね?
攻めて攻めて攻め抜いて勝ち切ってほしいな。
音程正確率に黄色が多いのがめちゃめちゃ不安要素だけれども。
でもうん、完全に持ち歌だったな、これも。


2番手はミュージカル。
1992年の2位、「悲しみは雪のように」をチョイス。


ラストはジャズの宮本女史。
「1990年」を引いて大興奮。
良い曲の年が引けたってこと?
1990年の2位、「浪漫飛行」をチョイス。
LINDBERGとかプリプリとかあったのに、男声曲ですか。
でも安定感半端ないな!


翠姐さん、99.312!?
だだ、大丈夫か!?
――よし、1人抜いた!
――大丈夫だったー!

ポカンとした顔で固まったままの翠姐さん。
いつにない点数の低さで、もう無理だと思ってたのかな。
「何か…、年間チャンピオンより嬉しかった…(by翠)」
……カワユス。

優勝おめでとうございます!
良かった〜!


posted by Yuki at 23:59 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。