2016年03月08日

やっぱ好きだわー、ミモザ。

そういえば今日は「ミモザの日」だったなあと。

フランスのミモザ祭でミモザを知った身としては、ミモザといえばミモザサラダのような黄色い花、フサアカシアとかギンヨウアカシア(ミモザアカシアとも?)とかアカシア属の花の方を想像してしまうけれど、そもそもは「ミモザ属=オジギソウ」だと知った時の驚きときたらもうね。

「白いアカシア=ニセアカシア=ハリエンジュ」に匹敵する驚きだったかも。
「この道はいつか來た道、ああ、さうだよ、あかしやの花(=ハリエンジュの白い花)が咲いてる」とか、
「アカシアの花(=ハリエンジュの白い花)も散ってあの娘がそっと瞼を拭いた赤いハンカチよ」とかね。


ミモザ(not オジギソウ)といいユキヤナギといい、小さな花がわしゃわしゃと雪崩れるように開く草花が好きなYukiです。
ちなみに「ガラスの靴で踊るミモザ」も好きですよ。

でも、葉はシュッとした単子葉類は好き。


posted by Yuki at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。