2017年08月28日

関ジャム 完全燃SHOW 20170827

さだまさしが楽曲提供したという『奇跡の人』を披露したと聞いて、「関ジャム 完全燃SHOW(2017.08.27 OA)」を観ることに。
ゲストはジャニーズさんですか、そうですか。

とりあえず、
「何歌っても暗い曲になるらしい」ってことと、
「直観力が大事らしい」ってことと、
「長瀬氏が天然で面白い」ってことが分かりました。


さて本番の、「奇跡の人」の披露!
おお! さだまさし!
サッと歌ってパッと終わりじゃないんですね(ほっこり)。
「関白宣言のような関ジャニ∞のプロポーズソングを作って欲しい」というリクエストでできた曲なんですか。
ほほう。
「関白宣言風」ってことは、「女性蔑視」とか「何様のつもり」とか、そういう賛否両論を巻き起こす可能性が高い「不器用な男のワガママ、本音ポロリ系の曲」に仕上がる可能性が高まる…ってことなんだけれども、大丈夫かしらん。

「彼らの気持ちに沿うような歌詞にしたかった」から、本音で好きなタイプの女と本音で嫌いなタイプの女を書いてもらった」んですか。
へえ。
そういうこと言っちゃうと、過敏に反応するファンの人とか出てこないのかなあ。

問題の歌詞。
じんわり漂うダメ男っぷりが面白いな。
自分を棚に上げて理想が高すぎる、相手に夢見すぎてる、でもそんな自分だということを実はうすうす分かっている、そんな男性のほんのり哀愁漂う歌って感じで。

まあ、歌詞はさておき、歌い慣れてないのが丸分かりというか(慣れててこれだったらどうしよう…)、トコトン音が合ってない…よね?
よくこれをOAしたなあ。
さすがジャニーズ。
いわゆる「そこに痺れないし憧れない」って感じかな。
それともアレかな、これが忠実な譜面だったのかな。
もしそうならイチャモン付けて申し訳ない。


今回一番テンションが上がったのは、トリスハイボールのCMの馬場ちゃんだな。


posted by Yuki at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月25日

盛り付け in プレバト!! 20170824

#0148 芸能界才能査定・第121弾。
俳句(夏井いつき)&盛り付け(土井善晴)。


盛り付け
特待生は馬場ちゃん(1級)のみ。
「馬場ちゃん、これ(=プレバト)出てから仕事増えて増えてなかなか来ェへんねん(by浜ちゃん)」らしい。
もっと出てほしいのになあ。

「ロケの前に、打ち合わせで、年末のおせちをプロデュースという(by馬場ちゃん)」
おっと、写真見る限り美味しそう。
「泉ピン子さんに、顔と名前を憶えてもらいました(by馬場ちゃん)」にニヤリ。


才能アリ:凡人:才能ナシ=1:1:2という今回の分布。

トップバッターは「フルーツサンド」×横山由依。

馬場ちゃんの寸評は、
「あのー、フルーツサンドは調理してるじゃないですか。調理前と調理後を一緒のお皿に置くのはどうなのかなーっていう。ハイ。なんで、何か、置くんだったら、ミントとか、何か、ちょっと色鮮やかな、食べなくても良いもので、別に置いとけば良いのかなっていう感じがします」
「プロがいる(by宮田)」にニヤリ。

土井先生の査定は、
「ちょっと、甘いですよね。『甘い』言うんは『フルーツが甘い』んと違うて、考えが甘いです」
才能ナシ3位。

残念な点は「果物はここに添えるべきじゃない」
主役が2つになってしまい、フルーツサンドが際立たない、らしい。
季節感のある添え物で主役が引き立つ、らしい。


2番手は「夏野菜の冷やし中華」×宮田俊哉。
ってことは「才能ナシ最下位」はナシ、かな?
まあ、1位じゃないのは確実でしょうが。
宮田くんはラーメンより冷やし中華が好きらしい。
まあ、冷やし中華の方が美味しいよね。
――ってハム(?)、でかいな! しかも汁気ナシ?

馬場ちゃんの寸評はナシ。

土井先生の査定は、
「まァ、普通じゃないですか」
凡人2位。

「何とか持ちこたえたぞお(by宮田)」にニヤリ。
柴田女史、ショック受けてるなあ。
後は才能アリ1位と才能ナシ最下位しかないもんな。

残念な点は「あんまり涼やかさを感じないですね。軽みに欠けるというか重い」
具材の盛りすぎが原因か。

「最後に、誰が盛り付けたか見てもらうと」からが意外に長いな。
「お! 宮田くん。自分が食べたいものをちょっと盛ってみたいう感じしますね(by土井)」
「ハムが鉄板なんすよね。も、すぐ、今すぐ食べたいですもん、ボク(by宮田)」
「もう何のこっちゃない。彼はお腹すいててんな(by土井)」
「あ、ヤバイ。バレてる?(by宮田)」
のやり取りにニヤリ。


才能ナシ最下位はコロッケ×豚のしそ巻き。
馬場ちゃんの寸評はナシ。
残念な点は「お料理無視してるから、最初から」
確かにね、これじゃあ料理が何でもどうでも良いよね。
お手本もナシかい。


才能アリ1位は柴田理恵×鶏そぼろご飯。
見た瞬間に「どこへ出しても恥ずかしくない」か。
絶賛ですね。

取り分けやすく盛りつけられた点を高く評価、
中に違う種類の具材を挟むことで、飽きさせない工夫をした心遣いが絶賛されたらしい。


特待生昇格試験。
――よっ! 待ってました!
お題は「高級な器(=九谷の器)に盛りつける」か。
「魯山人が、日本料理を勉強するんやったら、もう半分以上は器の勉強て、言うてる訳ですから(by土井)」
査定のポイントは「器と料理のバランス」。
盛り付ける料理は馬場ちゃんが決めるの?

馬場ちゃんが出した答えは「お造り」ですか。
コチとマグロとイカのお造り、ね。

九谷焼にお造り。
「お皿の絵が隠れるので、少なめに盛りました(by馬場ちゃん)」
さらに刺身にひと手間ふた手間、加えたんですね。

「浜田さんからお願いします(by豊崎アナ)」に対し、
「え、ええわあ。もう俺、荷が重いわあ(by浜ちゃん)」にニヤリ。

結果は――1ランク昇格。
遂に名人初段じゃん!
決め手は「この器をよく生かしてると思う」。
「どこに盛るべきか、いうようなところがこの器の姿にはもうあるんですよ」?
「刺身の量を盛りすぎず、絵柄の内側に収めることで、器を生かしたバランスの良い盛り付けになった」か。
(刺身への)細かい工夫をした点についても「十分変化になっている」「手の加え方が程良い」。

次はいつになるんだろう、すぐ来てどんどん昇格してほしいな。
posted by Yuki at 00:58 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月24日

俳句 in プレバト!! 20170824

#0148 芸能界才能査定・第121弾。
俳句(夏井いつき)&盛り付け(土井善晴)。


夕暮れの商店街で一句
うわ、縁がないシチュエーションだなあ。
商店街って言ったら、川崎と新潟しか思いつかないんだけれども、どちらも真昼間のイメージなんだよなあ。

「半額の秋刀魚常より多く買い(Yuki)」とか?
閉店間際の値引きで、いつもより多く買っちゃったーってそういう、しょうもない一句です。


才能アリ:凡人:才能ナシ=2:2:1という今回の分布。
特待生は梅沢5段のみ。
おっとゲストに宮田くん?
じんわり楽しみ〜。


凡人3位(60点)。
「幼少のふるさと匂う西瓜かな(コロッケ)」
「甘やかにふるさと匂う西瓜かな(コロッケ/添削:夏井いつき)」

中七下五の「ふるさと匂う西瓜かな」は素晴らしい、上五の「幼少の」が凡人だったと指摘した梅沢名人。
その指摘には、今回はなっちゃんも絶賛らしい。
「幼少の」と「ふるさと」は言葉の距離が近くてもったいないらしい。
「何入れたらいいの?」というなっちゃんの問いに、
「『西瓜かな』って言うところがとても好きなんですよ。だから甘い感じとか…(by梅沢)」
これにはなっちゃんも拍手。
やるじゃん。


母方が吉田松陰の子孫だという中村アナ。
へええ。


才能アリ2位(70点)。
「ばあちゃんの手を這うムカデ青い空(千鳥・大悟/添削ナシ)」

「今日気が合うねえ、私達(byなっちゃん)」にデレデレの梅沢名人にニヤリ。
ムカデのカタカナ表記の効果も案外あるらしい。
中七の「ムカデ」で句が切れるのも良いらしい。
大絶賛だな。
そりゃあ大悟氏も赤面するわ。


才能ナシ最下位(37点)。
「秋の暮黄金にそまる我が街よ(中村江里子)」
「秋の暮我が街きんいろに沈む(中村江里子/添削:夏井いつき)」

「凡人以下の人が使いたがる致命的な言葉(byナレーション)」?
――何だろう、中七の「黄金にそまる」かな?
「世界観も何もないんです!」と切って捨てた梅沢名人に対し、
「ま、世界観ぐらいはありますけどね」と返したなっちゃん。
宮田くんの「あれ? ここで意見が割れた?」にニヤリ。
相変わらずよく声が通るなあ。
結局「致命的な言葉」は中七の中でも「染まる」らしい。

なっちゃん的「凡人以下の人が使いたがる失敗しやすい動詞ベスト3」は「舞う・踊る・染まる」とのこと。
悪い例なら「ワースト3」じゃないのか知らん。


グループ全員でロケに行ったりすると、大体、横尾&千賀の特待生コンビだけが「俳句の子だ!」と言われるらしい。
宮田&二階堂の凡人多めコンビは「クソッ」と思うらしい。
宮田くんも「俳句の子だ!」と言われたいらしい。
――ん? 凡の王道、長男坊は?


凡人4位(50点)。
「欠伸して潤む瞳の西瓜売り(宮田俊哉)」
「三度目の欠伸に潤む西瓜売り(宮田俊哉/添削:夏井いつき)」

とりあえず才能ナシでなくて良かったと言うべきか、今後呼ばれるか心配な気がしないでもないと言うべきか。
「あれ? (オーディエンスの)リアクションがイマイチすぎる(by宮田)」らしい。
「欠伸」があれば中七「潤む瞳の(特に「瞳」)」は不要らしい。
「宮田さん、目の付け所っていうのは決して悪くないです。後、小さな言葉の処理というところにもうちょっとだけ神経使っていただくと、少しずつ確実に、ステップアップはしてると思いますよ(byなっちゃん)」
「マジすか。結構良い感じでした?(by宮田)」
「だいたい良い感じです(byなっちゃん)」
「おっしゃあ! イエーイ!(by宮田)」
のやりとりにほっこり。
これはまだお声がかかりそうですね。


才能アリ1位(75点)。
「もてなしの豆腐ぶら下げ風の盆(柴田理恵/添削ナシ)」

柴田女史の地元(富山県八尾町)には「おわら風の盆」という行事があるらしい。
名人曰く「『風の盆』というのは富山県だけの季語」らしい。
ついでに「あいの風」という北陸地方限定の季語も紹介したかったらしい(ただしうろ覚え)。

なっちゃん曰く「『風の盆』というこの季語は、俳句やっている人にとっては憧れの、お祭りですからねえ。一回は観に行きたいという憧れの季語ですよ」らしい。
「私もこの豆腐で酒が飲みたい(byなっちゃん)」にニヤリ。

浜ちゃんの「先生、直しは?」に対し、
「いるわけないじゃないですか、そんなもの!(byなっちゃん)」ってホント手放しで絶賛だな!


特待生昇格試験。

「今回はチャレンジした」という梅沢名人。
初めて五・七・五を捨てたらしい。

「いさばのかっちゃスカーフはあけびの色(梅沢富美男)」
――ん? 本人は「17音で納めました!」と言ったけれども、七・五・六で18音じゃない? 気のせい?
「いさばのかっちゃスカーフはあけび色(梅沢富美男/添削:Yuki)」なら七・五・五の17音だけれども。
ちなみに下五、「あけび『の色』」って本物のあけびじゃないんだよね?
季語としての力は弱まるパターンじゃない?
まあ、無季の俳句としてどうか、鑑賞に堪え得るかってところかな、後は。

とりあえず評価のポイントは、「いさばのかっちゃ」という方言を使ったことが成功しているか否か。
――うん、じゃあ下五は問わない感じかな?
梅沢名人の「そこ?(小声)」にニヤリ。

「方言が光景を立ち上げている」を理由に、1ランク昇格。
奥の手として、ルビを活用するというテクニックを披露するなっちゃん。
「魚市場(いさば)」ね、うん。
――やっぱり突っ込まれましたね、18音。
「数ぐらい、ちゃんと数えようね?(byなっちゃん)」
「降格しますか?(byなっちゃん)」
「数も数えられない名人なんて有り得ませんよ(byなっちゃん)」にニヤリ。

「魚市場(いさば)のかっちゃスカーフはあけび色(梅沢富美男/添削:夏井いつき)」
posted by Yuki at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月21日

関ジャム 完全燃SHOW 20170820

実家に帰ったついでに、「関ジャム 完全燃SHOW(2017.08.20 OA)」を観ることに。
「音楽業界のクセ者が本気で選考!! 次に来るアーティスト10組」ですか。
――大丈夫かな。

ゲストは鬼龍院翔氏(NSC東京9期生)、いとうせいこう氏、もふくちゃん氏、行達也(タワーレコードレーベル部部長)氏、大塚智昭(新宿LOFT店長)氏、グランジ遠山氏(NSC東京5期生)。


鬼龍院翔が選ぶ次来るアーティスト・その1
オメでたい頭でなにより「さくらんぼ」(大塚愛のカヴァー)。
「ボーカルは両声類!? 3つの声を操るバンド」。
女声→デスボイス→男声の使い分けですか。

鬼龍院翔が選ぶ次来るアーティスト・その2
忘れらんねえよ「バンドやろうぜ」。
「負け続けるのにカッコイイ!! Mステに是非出演してほしいバンド」。
確かに、出演後の歌詞を見てみたいかも。


もふくちゃんが選ぶ次来るアーティスト
Satellite Young「Dividual Heart」。
「80年代を現代に進化!! 歌謡エレクトロユニット」。
へえ、海外で人気がもう出てるアーティストなんだ。
ヴォーカルがセルフプロデュースの神なの? 英語ペラペラ?
凄えな。


タワーレコードレーベル部部長・行達也が選ぶ次来るアーティスト・その1
THE CHARM PARK「そら」。
「アメリカ人だから作れるJ-POP 日本を愛するシンガーソングライター」
アメリカ人だから書ける歌詞の響き?
「日本語は音に乗せにくいと言われますが、アメリカ人である彼が日本語で歌詞を書くことで、日本人がサビで英語を使うのとはまた違う不思議な響きを聴かせてくれます。彼の美しい歌声は邦楽や洋楽といった仕切りを取っ払いJ-POPが進化する可能性を感じさせてくれます!!」らしい。

タワーレコードレーベル部部長・行達也が選ぶ次来るアーティスト・その2
緑黄色社会「Alice」。
「女子中学生から圧倒的な支持 愛知発の男女混成バンド」
売れそうなビジュアル、は確かにそうだな。
タワレコ全店でプッシュ?
それはもう売れてると言っていいんじゃないの?


いとうせいこうが選ぶアーティスト・その1
THE BASSONS「ウダウダ」。
「カッコイイとはこういうこと 『間のファンク』を体現するバンド」。
うん、そもそも「ファンク」の意味が今一つよく分かんない。
とりあえず「少人数でファンクするという逆転の発想」「休符がどこに入っているかが大事」らしい。

いとうせいこうが選ぶアーティスト・その2
海藻姉妹「ユーラシア超特急」。
「カワイイのに超絶テク 東京芸大出身の音楽ユニット」。
おお、インストバンドか。
演奏力と緻密な編曲力がウリなの?
3人でオーケストラ?
「彼女たちならいずれ映画音楽などで凄いことをやらかしてくれるはず!!」ですか。
確かにちょっと気になるな。
ライブ音源をミックスしてCD化って、演奏家としては普通じゃないの?
え? 凄いこと?

新宿LOFT(ライブハウス)店長・大塚智昭が選ぶ次来るアーティスト
イギリス人「西巣鴨三丁目の夕日」。
「パンクなのにフォーク!? 強面だけど優しいバンド」。
活動拠点が巣鴨なの?
「スガモッシュパンク」?
パンクバンドらしからぬ優しいMCが炸裂?

支配人が「俺はもう分らん」って大丈夫か?
前のドラムはフランス人?
うん、分からん。


グランジ遠山が選ぶ次来るアーティスト・その1
NakamuraEmi「メジャーデビュー」。
「33歳でメジャーデビュー 全てをさらけ出す女性シンガーソングライター」。
歌詞が自虐的というか、えぐってるなあ。
「『自分の内面をえぐりにえぐった歌になって初めて勝負できた。作為的な歌詞を書くようになったら音楽を辞める』と笑いながら言っていましたが『本気だな』と感じました」か。
HIPHOPの影響を受けてるんだ。

グランジ遠山が選ぶ次来るアーティスト・その2
ReN「Life Saver」。
「ギター1本だけでバンドのようなサウンド 異色のシンガーソングライター」。
独自のライブ?
「一人多重演奏」?
ええと?
コーラスは女声だったっぽいし元々録ってきたヤツで、
ギターそのものは「その場で録音」してるってこと?
――合ってる?


ジャムセッションは蔦谷氏が2016年間ベスト10で1位に選んだMrs. GREEN APPLEの「鯨の唄」?
それは聴いちゃうな。
そのうち、日食なつこ嬢も呼んでほしいな。
posted by Yuki at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月18日

いけばな in プレバト!! 20170817

#0147 芸能界才能査定・第120弾。
俳句(夏井いつき)&いけばな(仮屋崎省吾)。


いけばな
今回はひまわりを生けるんですか。
花びらを抜いて活けるヴァージョンを混ぜるのが好きだったな。


才能アリ:凡人:才能ナシ=3:1:1という今回の分布。
特待生は梅沢2級のみ。

才能アリ3位。
「花火」。
朝比奈彩。

すごくメリハリが効いているらしい。
グロリオサを対比で見せた(=足した)方が良かったらしい。


凡人4位。
「エンドレスサマー」。
大友康平。

この結果に大喜びの大友氏。
あらら、前回は才能ナシだったんですか。
「ひまわりの位置が大雑把」を理由に勿体ない、ですか。
「大胆さを、折角だから。ひまわりは元気がいい花ですから」
なんですね。


才能アリ2位。
「すっと涼やかに」。
内田恭子。

立体的で、後ろもきちんと活きているけれど、足元スカスカ?
足元にひまわりを集中させて入れるんですか。
残念でした。


才能ナシ最下位。
「南国のちぇるちぇるflower」。
りゅうちぇる。

全部後ろにのけ反ってんの?
手直し不可能、か。
確かに。


才能アリ1位。
「煙に巻かれたひまわり」。
藤井隆。
おお、2冠!?

「色彩感覚が凄い」
「いろんな角度から見て景色が違う」
「ひまわりがボリューム感がある」
直しナシ!?
やるなあ。


特待生昇格試験。
梅沢3級。
「孤独な女」
んー、デルフィニウムがシンメトリーっぽく感じるの気のせい?

「おとなしすぎる」を理由に現状維持か。
デルフィニウム=シンメトリーはやっぱりか。
posted by Yuki at 00:59 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。