2016年04月30日

ああ、カレーパン…!

「カレーパン」という言葉に惹かれて「マツコの知らない世界(2016.04.26 OA)」を見ることに。
「マツコの知らないカレーパンの世界」ですか。
揚げてあるのは正直ちょっとアレなんですが、焼きカレーパンには目がないYukiです。

カレーパンしか食べない究極のカレーマニア?
ちょっとお友達になれそうな気がする。


おお、トップバッターは「コンビニ」ですか。
地方在住者にもご配慮ありがとうございます。

カレーパン×七味か。…良いかも!
カレーパン×マヨネーズ×チーズ…は、きっとチャレンジしないだろうな。マヨネーズがあんまり好きじゃないから。

「スパイス広がるカレーパン(LAWSON)」がかなり気になる。

カレーパン協会会長を名乗るに相応しい、「ありがたい狂気的エピソード」にニヤリ。
購入した直後に近くのスーパーとかできちんとキッチンペーパーでくるんで、潰れないようにタッパーに詰めて持って帰る、という徹底ぶりですか。

最新!沿線別カレーパンリスト?
惹かれるのがあったら、調布音楽祭合わせで上京した時に、ちょっと寄ってみちゃおうかな。
何ならその路線にホテルとってもいいし。

焼きカレーパンが多いのは「東急田園都市線」?
おしゃれな焼きカレーパンが多いのは「都営三田線」?
ふむふむ。

1.都営新宿線森下駅から徒歩1分の「元祖カレーパン(カトレア)」にも勿論惹かれはするけれど、「揚げ」がやっぱりネックかなあ。

2.都営三田線白金台駅から徒歩11分の「金麦カレーパン(金麦。白焼きの焼きカレーパン)」美味しそう…!!

3.JR山手線東京駅構内地下1階の「カレーパン(ブルディガラ・エクスプレス)」にも相ッ当惹かれますよ、これは!! ソフトなフランスパン生地という表現にも惹かれるもん。イートインスペースもありますか。完璧だな。

4.東急田園都市線つくし野駅から徒歩7分OR長津田駅から徒歩13分の「カレーグラタンぱん(ブーランジェリー・ニコ)」もかなり美味しそう。

5.京急本線北品川駅から徒歩5分の「TOKYOカレーパン(東京マリオットホテル1階ペストリー&ベーカリーGGCo.)」もなんか凄そう。揚げだけど。もちもちの響きにかなり惹かれるー!!

6.東急田園都市線池尻大橋駅から徒歩8分の「揚げたて手作りカレーパン(ラ・テールメゾン)」、気合が違うな! ビストロかあ、揚げだけどちょっと惹かれますよコレは。
ん? 予約のみの販売? 水曜日以外13時30分以降? 条件厳しいな。

7.東京メトロ西日暮里駅「お豆とれんこんのカレーパン(ianak!/イアナック)」は日本酒に合うカレーパン? 和惣菜食べてるみたいとかYuki得すぎる。フリップだと東京メトロ、テロップだと山手線って何だろう。どっちでもいいってこと?


いわゆる「飯テロ」を警戒していたけれど、コレだけの数の揚げ物を食べているところを夜中に見ると、さすがに胃に来るな。今からなんて到底無理。

うん、とりあえず調布音楽祭に行ったらカレーパン食べよう。
それだけは決意しました。


posted by Yuki at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月29日

余震千回。

一日千秋だとか、
舌頭に千転せよだとか。
「たくさん」という意味で「千」という数を引っ張り出してくることはままあることです。
「たくさんの絵馬」を「絵馬千枚」と添削した例を見たこともあります。

でも。
熊本地震の余震は本当に千回を越えてしまったそうです。

つまりどういうことかというと、
たとえばもし仮に熊本地震について一句詠もうと思い立ち、
「あまりにもたくさんの余震があって…」という句を作ろうとしたとしても、
俳句的定石でもって「余震千回」と詠んだとしてももう、
その言葉に「驚くほどたくさんの余震」という意味を持たせることはできなくなってしまったということです。

現実にはもっと多くの余震が熊本地震の被災エリアを襲っていて、
千回ぽっちでは多くの余震を表現しきれなくなってしまった。
そういうことです。

余震、千回超える 熊本地震、依然3万人超避難(くまにちコム/04月28日23:50)

 熊本地震は28日、14日夜の前震から始まった震度1以上の地震が熊本、大分両県で千回を突破した。1995年の阪神大震災以降に起きた内陸や沿岸部を震源とする地震と比べると、2週間で千回に達するのは過去最多のペースという。

 県内では強い余震も続いており、28日は午後7時までに震度4を宇城市で2回、熊本市西区で1回観測した。

 気象庁によると、14日夜から28日午後7時までに起きた震度1以上の地震は1019回に上った。2004年の新潟県中越地震では千回を超えたのは約1年後で、熊本地震は余震の多さが際立っている。

 県災害対策本部によると、県内では28日午後の時点で、28市町村の474カ所に約3万3千人が避難。エコノミークラス症候群による入院患者は、2人増えて42人となった。震災関連死の報告はなかった。

 警察、消防、自衛隊は、南阿蘇村の阿蘇大橋周辺で行方不明になっている大学生大和晃[ひかる]さん(22)の捜索を続けたが、発見できなかった。

 石井啓一国土交通相は28日の会見で、通行止めとなっていた九州自動車道植木インターチェンジ−嘉島ジャンクション間が29日に全線復旧する見通しになったと表明。「九州の南北を連絡する大動脈が回復する」と述べた。(熊本地震取材班)
posted by Yuki at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月28日

俳句 in プレバト!! 20160428

芸能界才能査定・第61弾。
俳句(夏井いつき)&春の水彩画(野村重存)。


新緑と高尾山で一句。

またも既視感のある兼題。
ウィキペディアさんに拠れば、他にも山自体はあるようなのに。

あーでも「愛宕山」や「箱根山」じゃあ同名も多いし(しかもその同名のほうがよほど有名だったりするし)、イメージしやすいキャッチーな山となると、やっぱり富士浅間社もあって富士山信仰を加味できる高尾山が頭二つも三つも抜きん出ているのかな。「関東近辺で手軽に富士山を愉しみたい人は高尾山に登ろう!」って感じで。そうなると「高尾山=富士見坂」にも思えてくる不思議。
まあ、ミシュランの三ツ星にも認定されているみたいですし?

「富士山のご利益求め高尾山(Yuki)」とか?
ええ、季語はないです。

「新緑の高尾目指すは浅間社(Yuki)」とか?
高尾×富士の関係性を詠みたいんだよう。

はたまた、
「高尾山青葉若葉の日の斑かな(Yuki)」とか、
「日の斑満つ青葉若葉の高尾かな(Yuki)」とか?

写真から順当に詠むなら、
「風光る高尾のリフト日の斑(ふ)かな(Yuki)」とか、
「空をゆくリフトや春の高尾山(Yuki)」とか、
「新緑の高尾のリフト風に乗る(Yuki)」とかかな?


「リフトの銀(byノンスタ石田)」かあ。かっけーな!

「足組むな」「眼鏡割るぞ」「なに笑(わろ)てんねん」「肘つくな」
八面六臂の浜ちゃんだな。
お二人揃って昇格、おめでとうございます。

水彩画も実は気になるというか、父が上手い人なので、ちょっと憧れるジャンルです。
「お手本描いても勝てないレベル」は凄いな。
そりゃ一発で特待生になりますよね。
今後の展開に期待!
posted by Yuki at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月27日

退…団……?

みっちゃんこと星組トップ男役・北翔海莉がまさかの退団ですと…?
そんなそんなそんな…(愕然)。

最初から(大劇場で)三作と決めていたって…。


被災したとか水が出ないとか言ってる場合じゃないだろう、これは。
posted by Yuki at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月26日

「ハイキュー!! セカンドシーズン『Blu-ray&DVD購入者限定イベント 烏野高校排球部 秋の一斉強化合宿 in シアター』」だと?

9月11日(日)に、TOHOシネマズ新宿にて、「ハイキュー!! セカンドシーズン『Blu-ray&DVD購入者限定イベント 烏野高校排球部 秋の一斉強化合宿 in シアター』」なるイベントがあるらしい。
隣県でもライブビューイング中継があるらしい。
https://anime.eiga.com/event/105444/


「2016年1月20日(水)発売の 「ハイキュー!! セカンドシーズン」Blu-ray&DVD 第1巻に封入された 『Blu-ray&DVD購入者限定イベント販売抽選申込券』よりご応募ください。」
ってことは、Blu-ray&DVDを購入したからといってイベントに参加できるわけではありませんってこと?


何だかんだで気になるはなるけれど、そもそもテレビが家にないからなあ。
いやそりゃ実家に帰ればありますけどね、薄型50インチのが。
後はケータイのワンセグと動画サイトかな。
posted by Yuki at 23:59 | Comment(0) | ハイキュー!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。