2016年01月31日

ペットの王国ワンだランド 20160131

俳句の子がレギュラーで出ているので、動物番組の「ペットの王国ワンだランド」を見ることに。
番組コンセプトは「ペットと暮らすことの素晴らしさから難しさまで、すべてリアルにお伝えします」らしい。


オープニング
今回は「横チン特集(=横尾さん特集)」とのこと。
実際は「今しか見られない動物の赤ちゃんスペシャル」らしい。

「横チンの特集は外れたことないからね」って言ってもらえて良かったですね。
「そうなんですよ、一応持ってるんですよねえ」にニヤリ。

舞台は「平川動物公園」。
「いおワールドかごしま水族館」は行きましたけど、動物園は初めてだな。
…あ! 「九州で唯一コアラがいる動物園」ってやつか!
「ベビーラッシュにわく話題の動物園」ですか。
へえ。


今しか見られない激カワ赤ちゃんスペシャル!!
鹿児島市平川動物園は「140種/1,000点」なんだー。
ちなみに。
長崎バイオパークで「約200種/約2,000点」
熊本市動植物園で「124種/1,016点」
福岡市動植物園で「116種/564点」
宮崎市フェニックス自然動物園で「約100種/1,200点」
到津の森公園で「約100種/500点」
九十九島動植物園森きららで「65種/264点」
大牟田市動物園で「55種/271点」
とかだから、うんまあそこそこなのかな?

それで「赤ちゃんだけで20頭」?
本気でベビーラッシュだね。

・アカカンガルーの赤ちゃん。
体液で赤くなるからアカカンガルー?
袋から顔を出すようになるのは、草を食べ始める生後4ヵ月以降なんですか。
足や尻尾しか出ていないのはそれ以前の授乳期の仔ってことね。
「カンガルーの赤ちゃん」って、イメージしているカンガルー顔と違うな。
鼻があんまり黒くないから??
横尾さんが「犬顔」って言った気持ち、分かる。

・アビシニアコロブスの赤ちゃん。
尾長鳥じゃないですけれど、尻尾が特徴的だなあ。
色といい形といい、確かに「エビフライ」っぽいな。
「赤ちゃんの尻尾=エビフライ」採用ありがとうございます。

・コアラの赤ちゃん。
おお、九州では平川にしかいないという噂のアレですね?
体をひねって毛づくろい。

・トカラヤギの赤ちゃん(生後6ヶ月)
・マゲシカの赤ちゃん(生後6ヶ月)
・ビントロングの赤ちゃん(生後3ヶ月)
・コツメカワウソの赤ちゃん(生後9ヶ月)
ホント、ベビーラッシュだなあ。


園内で人気No.1 アイドル赤ちゃん
ホワイトタイガーの赤ちゃんですか!
しかも日本で4匹のうち2匹が平川にいるの??
コアラといい、平川やるなあ!
生後45日の赤ちゃん姉妹かー、そりゃ肉球もピンクでぷにぷにだよね。

「人生初!ホワイトタイガーの授乳に挑戦」!?
確かに絶対数が少ない(何たって日本で4匹しかいない)んだから、人生ではそうそうない経験だよね。
首の後ろをがっちりつかんで固定して良いんだ。
ミルクやる手つき、なかなかじゃないですか?

5匹中2匹が出産直後に死んでしまったことで、
残り3匹の生存の可能性を上げるための「自然:人工保育=1:2」ですか。
そうなると、どうしたって「自宅に連れ帰って24時間体制」にはなるよねえ。
過酷だとは思うけれど、家族ぐるみで飼育できるならまだマシなのかな。

「日本で4匹しかいないうち、2匹は平川にいる」って紹介だったけれど、
お母さんの元に残された仔(オスだそうな)は……どうなったんだろうね。
(2015年12月28日に肺炎で亡くなった模様)

将来の目標は、
「一人前の野生の動物、しっかりとした親になってもらいたい、子どもを作って、自分で育ててもらいたい」か。
深いなあ。


ヤブイヌ?
さっき見たカワウソとか、テンとかフェレットみたいな顔してますね。
穴を掘る習性は付き合うのが大変そう。


横ちんが飼育員の仕事をお手伝い!
どうでもいいけど「横チン」が「横ちん」に変わってません?
そしてホワイトタイガーのお嬢さんに「行かないで」って言いました??

お手伝いその1
「フンボルトペンギンのお散歩」
お手伝いって「勝手気ままに歩くペンギンの、散歩コースへの誘導」か。
動かなかったら背中をぽんぽんとたたいて促せばいいんですね。

「歩いてくれない」のしょんぼり感、かわいいな。
しかも逆走されちゃうしね。

へえ!
運動不足で血行が悪くなると足の裏にタコ(=趾瘤症)ができちゃうという理由で、散歩は必要不可欠なんですね。
じゃあ、ペンギンにとっての散歩は生態展示に当たるのか。
ああ、だからどこの動物園でも散歩させるし、それを公開してるんですね。
てっきり一箇所で当たったから横並びで真似てるのかと思ってた。
「なんか、散歩行きたい子が勝手に行くらしいんです(本人談)」。
本当に芸とかではなくて、生態展示なんですね。

200mのコースを20分かけて散歩を終えた横尾さんの感想は、
「全然手伝えなかったですね。なんか、あっという間に、散歩が終わってしまった感じだったんですけどまだ僕、力発揮してないんで」


お手伝いその2
「カバの歯を健康チェック」
犬歯が伸びすぎないようにチェックしなきゃならないんですか。
「自分より大きなものに対して威嚇する習性がある」か、結構強暴だな。

ハンドサインで口を開けさせようと奮闘する横尾さん。
「どこ行くの?(カタコト)」
ハンドサイン、ガン無視ですか。
成功して良かったですね。
1回成功したらもう大丈夫って感じでしたね。
龍馬くん(6歳)の口の中をガンガン触っていく横尾さんにびっくり。
「アゴを触ってくれよ」っていうおねだりのポーズまで頂戴したりね。

「よこくん健康だって」って誰のこと??
龍馬くんじゃなかったっけ?

最後はまさかのマーキング。
「メッチャ危なかった。一歩おく、遅れてたら今、かかってたぞ」


エンディング
最後に貰いそうになったプレゼントについてのトークに。

縄張りを主張するためにやるんだそうですが、
それって、
横尾さんに対して縄張りを主張したくてやったってことなのか、
横尾さんも縄張りの一部だと主張したくてやったことなのか、
凄く気になる。

カバ担当の飼育員さんは、何も言わずに一番早く逃げたらしい。

「アレかかってればもっとねえ」
篠田嬢、鬼だな。


タグ:横尾渉
posted by Yuki at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月30日

冬チャーハン in プレバト!! 20160128

芸能界才能査定・第51弾。
俳句(夏井いつき)&冬チャーハン(菰田欣也)。


冬チャーハン。

帝王梅沢富美男VS「個人としていただく仕事の8割料理、お笑いゼロ」のローバト馬場ちゃんですか。


トップバッターは主婦歴23年の阿知波悟美女史による、
「塩鮭とセロリのチャーハン(凡人3位)」。
凡人の決め手は「セロリ臭の強さ」にあった模様。
セロリ臭がせっかくのご飯の匂いを消してしまったというね。


帝王(笑)梅沢富美男による、
「淡雪カニチャーハン(才能アリ2位)」。
味も発想も素晴らしかったそうな。
あんの味付けとごはんのバランスも良かったそうな。
火力の低い家庭用コンロ使用にもかかわらず、フライパンを火から離したのが敗因だった模様。


「100%趣味でクックパッドにアイデア料理のレシピを掲載」しているロバート馬場による、
「鴨と九条ネギのチャーハン(才能アリ1位)」。
鴨肉?? 馴染みねえなあ。
鴨の脂だけを使ってごはんと具材を炒めた、は凄いな。
「これ、ご本人が考えたんだったら、すげえなと思います。教えてもらいたいですね」って大絶賛だな。


中華料理屋の娘、優木まおみによる、
「カキチャーハン(才能ナシ最下位)」
へえ、カキって水が出やすいんだ。
それでごはんがべちゃっとしちゃったということですか。

ああ、片栗粉でカキの水分を封じ込めちゃえば良いんだ。
で、一旦引き上げておいて最後に戻すのね、ふんふん。


馬場ちゃんの帝王(笑)狩りに思わずニヤリとしてしまいました。
posted by Yuki at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月29日

キスマイ魔ジック 20160126

弁護士回だよと教えられて「キスマイ魔ジック(2016.01.26 OA)」を見ることに。
前回の千賀くんは途中まで物凄く良かったんだよね。
ただ全体的に頭が悪いのか、単純に台本のせいなのか、尻切れトンボで興ざめてくる感じ。
冷静にビシビシ切っていくキャラの人(林先生とか、あっちゃんとか)にゲストで出てもらいたいなあ。
弁護士とディベート合戦やって欲しい。

レベル1 要注意!著作権トラブル
レベル2 金返せ!飲み会トラブル
レベル3 金払え!ペットトラブル

うん。
もう良いかな。
posted by Yuki at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月28日

俳句 in プレバト!! 20160128

芸能界才能査定・第51弾。
俳句(夏井いつき)&冬チャーハン(菰田欣也)。


降格事件勃発の、雪だるまのある風景で一句。

普段の生活では勿論、「雪だるま」の方がピンと来るんですが。
詩歌の世界では「雪仏(ゆきぼとけ)」の方がしっくり来る気がします(偏見)。

「御膝(おんひざ)に雀鳴くなり雪仏(小林一茶・『七番日記』)」しかり、
「わんぱくが仕業(しわざ)ながらも雪仏(小林一茶・『七番日記』)」しかり、
「仮初(かりそめ)の雪も仏となりにけり(小林一茶・『七番日記』)」しかり。

あ、
「雪だるま星のおしゃべりぺちゃくちゃと(松本たかし・『石魂』)があるか。

んー、じゃあ、
「青天下傾ぎ傾がれ雪だるま(Yuki)」とか、
「青天下肩組むごとき雪だるま(Yuki)」とか?


今回の分布は「才能アリ1、凡人3、才能ナシ1」。

1位の「雪景色」に引っかかる特待生2人組(明暗分かれちゃって残念)。
温泉なら「雪景色」がぴったりなんだろうけどなあと思ってみたり。
うん、「足元感」がない感じ。


降格した問題作、
「擬人化で冬の孤独を消す家主(羽田圭介)」
何度機会があっても、17文字で「小説」を作ってくる羽田圭介。
ショートショートならショートショートの分量があるように、
俳句なら俳句の分量があるんだ、ということなんでしょう。
次回作が楽しみだな。
posted by Yuki at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月27日

何を以ってジャズたらしむのか。

例えばオペラやミュージカル、演歌に民謡なんかは、
個々人の発声法に拠るだけでも十二分に、
それぞれの音楽たらしむんだろうと思うんですけれど。

ジャズは何を以ってジャズたらしむんでしょうね?


「THEカラオケ★バトル」にて披露された、
何か凄い大学上がりのエリートジャズシンガーさんのカラオケが、
「歌が半端なく上手い」以外の何の要素も見出せなかったんですが、
ジャズっぽかったですか?
ジャジーでした?

上手い人だし、
今後もジャズをウリにしてくるんだろうとは思うんですけれど、
アニソンとの違いが分からない。
アニソンって、とりあえず「アニメの主題歌に使われたらアニソン」って感じじゃありません(気のせい)?
それと理論的には同じで、「ジャズシンガーを名乗っている人が歌ったからじゃあジャズっていう体で」みたいな感じ。

これなら以前出場したゴスペルシンガーさんの歌の方がよっぽどいわゆる「ジャズ」っぽかったような??


ホント、ジャズは何を以ってジャズたらしむんでしょうね?
posted by Yuki at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。