2015年04月30日

ディエス・イレ。2

「怒りの日」冒頭部分の自作訳が気に入ったので、もう少し頑張ってみようかなの巻。

ファミファレミドレレー
ファファソファミレドミファミレー
ラドレレドミファミレー

怒りの日、その日、
世は毀(こぼ)れ灰に帰せり
王と巫女の予言通り。

ファミファレミドレレー
ファファソファミレドミファミレー
ラドレレドミファミレー

震え如何(いか)ばかり、
判じ手来(きた)り人皆、
厳(いつくし)く糾されむ。


ラドドシラソラーラソファソラーレー
ファミファレミドレレー
ファソララソファミレドミファミレー

Tuba mirum spargens sonum
テュバ・ミルム・スパルヂェンス・ソヌム
ラッパは不思議な音を響かせる
per sepulchra regionum,
ペル・セプルクラ・レヂオヌム
全土の墓に
coget omnes ante thronum.
コヂェトゥ・オムネス・アンテ・トゥロヌム
すべての者を玉座の許に集める。

法螺ぞ奇(あや)しき調べ響(とよ)む
四方(よも)の奥(おく)つ城(き)ゆ
人皆高御座(たかみくら)集(つど)はす




posted by Yuki at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月29日

ディエス・イレ。

いらっときたら「怒りの日」。
むかっときたら「ディエス・イレ」。
呪文のように唱えるのです。
やけ食いなんてしちゃ駄目です。

ファミファレミドレーレー
ファファソファミレドミファミレー
ラドレレレドミファミレー

Dies iræ, dies illa,
ディエス・イレ、ディエス・イラ
怒りの日、その日、
solvet sæclum in favilla,
ソルヴェ・セクルム・イン・ファヴィラ
灰の中で世界は破壊される
teste David cum Sibylla.
テステ・ダヴィドゥ・クム・スィビラ
ダビデ王と巫女シビラの予言

怒りの日、その日、
世は毀(こぼ)れ灰に帰せり
王と巫女の予言通り。


Quantus tremor est futurus,
クァントゥス・トゥレモル・エスト・フトゥルス
どれほどの震えがあるだろうか、
quando judex est venturus,
クァンド・ユデクス・エスト・ヴェントゥルス
審判がやってきた時に、
cuncta stricte discussurus.
クンクタ・ストゥリクテ・ディスクスルス
すべてが厳しく糺されるだろう。

震え如何(いか)ばかり、
判じ手来(きた)り人皆、
厳(いつくし)く糾されむ。




Dies Irae in the Movies
posted by Yuki at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月27日

中居正広の金曜日のスマたちへ 20130719

どうせ見るなら企画の頭から追いかけたいということで、お次は「中居正広の金曜日のスマたちへ(2013.07.19.OA)」を見ることに。


「新企画始動」??
――ああ、この回で「社交ダンス部」が企画として正式に始動するってことですか??

それにしても山本アナの紹介、「ダンス経験はゼロだがセンスは抜群」か。
いい響きだなあ。
そういう山本アナのダンスセンスを愛でるコーナーでもういいんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょうね。


「その後ダンスとかされたりとか?」
「そうなんですよ。あのロケ以来、物凄い楽しさに目覚めてしまって、教えて、いただきたいなと思って」
「そう言ったからには! 優しくはないですよ(低音でキリッ)」
キンタロー。嬢の言い方、カッケー!

この時点で企画発動といっても過言じゃない雰囲気だな、完全にな。
山本アナが言わされているんでなければ、「自然発生の企画」ですよ、これは。


っていうか、ただ上手く踊れればいいじゃつまんない、高い目標を持ちたいなと思って、「目指すは大会優勝」??
ただやるんじゃつまんないって?
どちらかというと、そんなこんなで「大会を目指す」ということになったから企画化したって感じ?
企画ありきじゃなくて、山本アナの趣味、山本アナのやる気に便乗することで企画として育てていく感じ?


練習開始から一月でのキンタロー。&山本匠晃ペアのご挨拶ついでのスタジオでのデモンストレーション。
キンタロー。嬢、安定のローリングのキレ&美しさ。
山本アナ、既に一月前とは別人じゃないですか?
それだけキンタロー。嬢のリードが上手いってことなのかもしれませんが。
4月から5月の一月で、かなり仕上げてきたなあ。


その上でわざわざ「ライヴァル」の制定ですか。
強制的に競争を煽ることで、よりバラエティ番組感を出そうってことかな。
ウリナリの二番煎じ感を高めようってことかな、つまんない話。
勿論、ライヴァルの存在が上手く作用して、オンエアの尺をより長くもぎ取れる大きなコンテンツ、扱いのいいコーナーに育つ可能性だってあるにはあると思いますよ? 業務命令の素人ペアを放り込むことで、親近感を演出することだってできるかもしれないし。
何より、相手のペアもダンスが好きで好きでもうどうしようもないくらいダンスに心血注いでるんなら話は別ですが、ビジネス・ペアでビジネス・ダンスだったりした日には、何をやられても興醒めるばっかりだと思うんですけど、どうなんでしょうね。
――ああ、後、つまんないバラエティ番組でありがちな、負けた方が罰ゲームだの、ペア解散だのとか言い出したりとかね。
「社交ダンスにコンテンツとしての力がない(=魅力がない)から、演出でどうにか盛らなきゃ」って思ってんだろうなーって思わせるような、魅力を削ぐ演出ね。

そんなこんなで産出された、駒田健吾アナ&エドはるみペア。
やるからには楽しんで欲しいなあ。
しんどそうにやられるのが、一番つまんない。


一方のキンタロー。&山本ペア。
「登録しちゃいましたよコレ!」
「えええええ、えええええええ、試合?」
「そう、試合です!」
最終的に目指している「秋に開催される全国規模の大会」の前哨戦として、都内でも屈指のレベルを誇るダンス競技会に出場ってことですか?
ほほう。

という訳で、今回は名づけて「『第26回板橋区民ダンススポーツ競技会』出場編」ってとこですかね。


「山本アナの致命的な欠点」?
ダンスの世界で「顔に感情を出せない」のは大問題なんですか。
そしてそれが山本アナの最大の欠点なんですか。
あらららら。

だからってしーちゃんの子役養成所で特訓?
そこまでやります?
そこまでやるんだ。
そこまでやってまで良いダンス踊りたいんだ。
どれだけのめり込んでるの??
最後の笑顔、確かに楽しそうで、輝いてましたね。

決戦直前のキンタロー。&山本ペア。
「あとは試合でどれだけ自分を楽しくできるか」
「楽しく踊って、遠慮なしにガンガンアピール」
「楽しむと」
うん、ダンスのイメージってそんな感じ。
足が痛いとか時間が取れないとか踊れないかもとか、そういう言い訳じみた煽りは要らないんだよ。


ラテン2級の大会当日(第26回板橋区民ダンススポーツ競技会)。
キンタロー。&山本ペア。
二人の掛け合い(というか、わちゃわちゃ)が、見てて楽しくてカワイイな。
エントリ表に名前があるだけではしゃぐっていうね。
ホント、カワイイなあ。

山本アナ、「先輩、本当に出るんだ…」ってアナタ。
しかも。
「出た!」とか、
「やだあ先輩、なんか涼しい顔して言うんですもん」とか、
「先輩、余裕な感じがするぅ」とか、
「だって、すごい練習時間あるんですよ先輩(失礼)」とか、
うん、緊張が高まりすぎてテンパリ過ぎて、ちょっと壊れてきてません? 山本アナ。
素が出てるっていうか。
そしてそれを強気な言葉掛けで御していくキンタロー。嬢ね。
年齢もキャリアも上の「姉さん女房ペア」だからできる芸当だろうな。


遂に始まる1次予選
実況の伊藤隆佑アナウンサー、おお、ちゃんとスポーツ畑の人みたいですね。
ちなみにその伊藤アナが駒田アナの8期後輩で山本アナの2期先輩?
じゃあ駒田アナと山本アナは10期差ってこと?

1次予選サンバ1組目(多分)。
駒エドペア。
体育館だからかな、エド女史のステップ、ピタッと止まらずに、つるーっ、つるーっと滑ってるように見えるんですが。
伊藤アナ、ガンガン技名言いますね。
ダンスは守備範囲外っぽいけど、それだけ勉強したのかな。

1次予選サンバ2組目(多分)。
キン山ペア。
ついついキンタロー。嬢に目が行ってしまうなあ。
キンタロー嬢が複雑な動き、山本アナが大きな動きって感じの振付かな??
うわっ、キンタロー。嬢がまさかの転倒?
足曲げた直後だし、衣装にヒールが引っかかったとかそういうこと??
あ、そうだね、後ろ手で外してた。
過失(ミス)ではなく不可抗力(アクシデント)で処理してもらえたら良いんだけど。

1次予選チャチャチャ。
超ダイジェストでしたね。
しょんぼり。

1次予選結果発表。
近視的というか、中途半端な隠し方だなあ(呆)。
同じ用紙の満点(14点)の別ペアが上がれてるなら、同点の駒エドだって上がれるってモロバレだし、
同じ用紙の8点ペアが上がれてるなら、満点(14点)のキン山ペアが上がれるってモロバレでしょう。
隠すなら隠すで、もうちょっと工夫して欲しいですね。
最低限、点数も隠すとか。
「次は絶対転ばない!(byキンタロー。)」&「次は絶対ズレなァい(by山本アナ)」にほっこり。


準決勝。
準決勝サンバ。
今度は2組同時に踊るんですね。
やっぱりキンタロー。嬢に目が行っちゃうなあ。
キンタロー。嬢のローリング、好きだな。

ところで、チャチャチャは?
サンバの方が見栄えがするっていう番組判断なの?
チャチャチャも見たいなあ。

準決勝結果発表。
いやだから14点=満点って言っちゃってるんですから、14点って出してる時点で、バレてますからね??


決勝。
決勝サンバ。
キンタロー。嬢、足曲げの角度を変えて、ヒールが衣装に引っかからないように工夫してますね。

決勝チャチャチャ。
やっぱりキンタロー。嬢、アピール上手いなあ。
見ちゃう、見ちゃう。


決勝結果発表。
優勝は、やまもとたかあき、たなかしほ組。
――ああ、山本匠晃&田中志保(キンタロー。)組ね。
おお! 優勝か!
おめでとうございます!
さっくり1級昇格?
さっくりウリナリ越え?

ん? 優勝しか発表しないの??
ああ、優勝から発表しただけか。
駒エド3位、おめでとうございます。
「練習期間わず1ヶ月」とはいえ超一流のコーチに付きっ切りで習ってますからね、普通の素人の「ダンス始めて1ヶ月」とは密度が違いますからね。
ただ1級昇格は2位までだから、嬉し悔しってところでしょうね。

キン山のオナーダンス、見たかったなあ。


結果発表後のスタジオ入場。
ああ、チャチャチャはスタジオ用に残してあったの。
そういうこと。
「体もだいぶなまってて」でアレですか。
現役時代、どんだけのキレだったんだろう。
気になるー。

そして、マルセラ・モレロの「Sin Un Beso(シン・ウン・ベソ/キスなし)」に合わせて踊る、学生時代のキンタロー。嬢、発見!(フロアに1組だけってことはオナーダンス??)


山本アナ。
「とにかくキンタロー。さんを1番、に考えるというか、もう『最愛の女性だ』くらいのこう、エスコートというか。とにかく、美しく踊らせるっていう役目を」
しーちゃんにも言われたんだ、
「あのー、実は坂上さんのロケの際に、やっぱりこうキンタロー。さんと、踊るんだから、やっぱりもっと、愛情持たなきゃ駄目だ」って。
「それ以来ちょっとこう、あの、美しいところを探していこう! っていう風には」
うん、探さなきゃ見つからないんだ(にやり)。

ちなみに駒エド、中居君に褒められて良かったですね。

次は8月に東京都の大会、10月に全国大会ですか。


――え? 禁酒??
駒田アナ、真面目だなあ。
「コレは本当に嘘はつけないので、酒は、やめられません! それだけは無理です。それだけは絶対に無理です。いくら中居さんの目の前とはいえ、すみません、ホントに絶対守れない」

ただうん、「優勝できなかったら禁酒」は多分、バランス取れてないと思うよ。
次回が楽しみだなあ。
posted by Yuki at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月26日

完全に忘れてた…!

マロオケの「最高の男たちの冒険 Episode 4」。

・・・・・・昨日でした。

それなりに直前までは覚えてたのに、
完全に忘れていました。

行きたかったのに、うわ、ショック。


だってねえ、

ヴァイオリン
 篠崎史紀(N響第一コンサートマスター) / Wiki / FB
 伊藤亮太郎(札幌響コンサートマスター) / Wiki
 ア谷直人(神奈川フィルコンサートマスター) / FB / Twitter
 白井 篤(N響第二ヴァイオリンフォアシュピーラー) FB
 双紙正哉(東京都響第二ヴァイオリン首席奏者) FB
 伝田正秀(読響アシスタントコンサートマスター) / FB
 長原幸太(読響コンサートマスター) Wiki
 松田拓之(N響第一ヴァイオリンフォアシュピーラー) / FB
 三原久遠(東京都響第二ヴァイオリン奏者) / FB
ヴィオラ
 鈴木康浩(読響ソロヴィオラ奏者)
 中村翔太郎(N響ヴィオラ奏者)
 松井直之(読響ヴィオラ奏者) FB
 横溝耕一(N響第一ヴァイオリン奏者) FB
チェロ
 北口大輔(日本センチュリー響首席奏者)
 桑田 歩(N響フォアシュピーラー)
 篠崎由紀(SHINOZAKI MUSIC ACADEMY代表)
 富岡廉太郎(東京シティ・フィル客員首席奏者) / FB
コントラバス
 西山真二(N響首席代行奏者)
 山崎 実(群馬響首席奏者)
フルート
 甲斐雅之(N響首席奏者)
 大村友樹(元東京シティフィル奏者)Wiki
ピッコロ
 中村淳二(N響契約団員) FB
オーボエ
 岡 北斗(藝大フィルハーモニア奏者)
 西沢澄博(仙台フィル首席奏者) Twitter
クラリネット
 横川晴児(元N響首席奏者) FB
 武蔵隆一(国立音大卒業) FB
ファゴット
 岡本正之(東京都響首席奏者)
 鈴木一成(神奈川フィル首席奏者)
ホルン
 日高 剛(東京藝術大学准教授)
 溝根伸吾(仙台フィル奏者)
 清水万敬(大分芸術短期大学教授)
トランペット
 菊本和昭(N響首席奏者) Wiki
 多田将太郎(東京音大卒業) FB
トロンボーン
 荻野 昇(東京響首席奏) Wiki / FB
 松林大翔(桐朋学園大学カレッジ・ディプロマコース修了) Twitter
 山口隼士(シエナ・ウィンドオーケストラ奏者) Twitter
ティンパニ
 岡田全弘(読響首席奏者)


これだけの人が集まってキャッキャウフフするんだよ、見たいに決まってるじゃないですか。
しかも田園と運命相手に!
前回のモーツァルトと違って知ってる曲なんだよ!
絶対楽しめたはずなんだよ!

くあーっ、生で見たかったなあ。
公式のFBによると、チケットは完売だったようなので、
気づいても結局行けなかった可能盛は大じゃないか、
傷は浅いと思うことにしよう。
そうしよう。

せめて雰囲気だけでも動画で味わえますように(パンパン)。
posted by Yuki at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(イベント) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月25日

遂に…!

つぶやきデビューしてしまいました。

ガラケー一筋の身としては、まあ縁がないだろうと思っていたんですが。

パソコンでできるとか、
登録さえしておけば新着つぶやきが教えてもらえるとか、
そういう売り文句にうっかりしてしまいました。

お陰様で能動的につぶやきを集めに行っていた段階は終わって、
これからは黙っていても読みたいつぶやきが集まってくる段階に突入です。



posted by Yuki at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。