2015年03月31日

事実婚を後押しってこと?

渋谷区の区議会で「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例(同性パートナーシップ条例)」なるものが成立したらしい。

生粋の同性愛者の人はもとより、
性同一性障害で、でも戸籍までは変えていない人(程度とかあるだろうから)とか、そう人にとっても朗報なんだろうな。

「婚姻はの合意のみに基づいて成立」という憲法第24条第1項を曲解して、「両性揃わないと婚姻とは言えない」と解釈する向きもある中で、大きな一歩だなあという感じ。
「両人の同意に」とできれば一番良いんだろうけれど、「両性婚の場合は両性の同意にのみ基づいて成立」と読んでやれば済むことだろうにね。


posted by Yuki at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月30日

まずは浮線綾風ドイリーを目指そう。

有職文様を編もう計画(今名づけた!)。
まずは入門のドイリーからかな。

誰かがやらないかなと言っている間に自分でできそうな気がする
を合言葉に、頑張ってみたい気がします。

まずは綺羅星のごとくある先達のモチーフと編み図を拝見して、
つぎはぎするところから、かな?

かぎ針で編む 花のモチーフ78 レース針で編む 雪の結晶モチーフ100
かぎ針で編む 花のモチーフ78 / レース針で編む 雪の結晶モチーフ100
posted by Yuki at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 編み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月29日

最近頓に思うこと。

クロッシェを中心に編み物の本を読み漁っている今日この頃、
頓に思うことがあります。

トラディショナルなノルディック柄だとかフェアアイルだとかアラン模様だとか、
そういう北欧の伝統模様も勿論素敵だけれど、
日本の伝統文様、有職文様を編むような本が出てきてもいいのに。
「有職文様をアレンジして編む」みたいな路線、どうですかね?

何ならもっとずっと大衆受けを狙って、
「和柄を編む」とか「江戸文様(江戸小紋)を編む」とかでも全然構いませんよ、ええ。

例えばアラン模様がアリなら、
立涌紋も絶対イケると思うんですよね。
バイカラーの編み込みにすれば、雲立涌や梅立涌、千鳥立涌辺りは絶対かわいいと思うのに。

後は浮線綾紋の円座とか!
うん、
「浮線綾で編むおざぶ」とか、
「浮線綾で編む円座」とか。
いっそ「和柄でおざぶ」とかでも充分アリだと思う。
しかもかぎ針でざくざく編めたら言うことなし!

日本人が北欧の伝統模様をありがたがって編むように、
世界の人々が日本の有職文様をありがたがって編む日が来たら素敵だな、
と思ったりします。

裏表紙にもある「青海波のハンドウォーマー」には是非ともチャレンジしたいところ。
希望とは縦横が違いますけれどもね。

編み地を楽しむリストウォーマー -
編み地を楽しむリストウォーマー


クロスステッチは守備範囲外かなあ。
いや、お知恵を拝借して編み図に起こすのはアリかも?

クロスステッチで楽しむ和の模様
クロスステッチで楽しむ和の模様
posted by Yuki at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 編み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月28日

Yukiにはスタークロッシェがわからぬ。

スタークロッシェで編む冬こもの」を頼りに、手始めに円座・シートクッションにチャレンジ。
うん、編み方が分からない。

編むこと何時間?
8時間?
10時間?

編み図では8段29センチのところを無理やり10段??センチの仕上がりに。
正しく編めているかどうかはさておき、仕上がったということにしました。

他にもたくさん本は借りているので、
ルームシューズやハンドウォーマーにチャレンジしたいと思っているんですが、
スタークロッシェさんの攻撃力にタジタジです。

スタークロッシェで編む冬こもの
スタークロッシェで編む冬こもの

春夏用の糸でバッグも編みたいな。
posted by Yuki at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 編み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月27日

さくらの日。

24回目のさくらの日ですね(うっとり)。
七十二候のうちの「春分次候」、七十二候の言葉としては最も好きな「桜始開(さくらはじめてひらく)」の頃になりましたね。

七十二候はホント、素敵な言葉が多いですよね。
立春初候「東風解凍(こちこおりをとく)」
立春次候「黄鶯睍v(うぐいすなく)」
雨水次候「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」
啓蟄次候「桃始笑(ももはじめてさく)」
春分次候「桜始開(さくらはじめてひらく)」
清明末候「虹始見(にじはじめてあらわる)」
穀雨末候「牡丹華(ぼたんはなさく)」
小満次候「紅花栄(べにばなさかう)」
夏至次候「菖蒲華(あやめはなさく)」
夏至末候「半夏生(はんげしょうず)」
小暑次候「蓮始開(はすはじめてひらく)」
小暑末候「鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)」
立秋初候「涼風至(すづかぜいたる)」
白露初候「草露白(くさのつゆしろし)」
白露次候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」
寒露次候「菊花開(きくのはなひらく)」
霜降末候「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」
立冬初候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」
立冬末候「金盞香(きんせんかさく)」
小雪初候「虹蔵不見(にじかくれてみえず)」
小寒初候「芹乃栄(せりすなわちさかう)」
大寒初候「款冬華(ふきのはなさく)」

基本はやっぱり日本の神宮暦(略本歴)なんだけれども、中国の宣明暦も嫌いじゃない。
啓蟄初候「桃始華(桃の花が咲き始める)」とか、
清明初候「桐始華(桐の花が咲き始める)」とか、
立秋次候「白露降(朝露が降り始める)」とか、
寒露末候「菊有黄華(菊に黄華あり)」とか。
posted by Yuki at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。